スリム ドゥ エルメスの コピーウォッチ

このエルメス コピー時計は、閏年、月、日付を把握できる永久カレンダー(パーペチュアル・カレンダー)モデルで、ムーンフェイズ、デュアルタイム表示、それと連動した昼夜表示まで備えたコンプリケーションモデルだ。

4つのインダイヤルへわかりやすく表示を配しているので、すっきりとまとまったデザインになっている。特に永久カレンダーの表示をポインター式とし、曜日表示は省き、閏年と月の表示を9時位置のインダイヤルにまとめているのも秀逸である。元々立体感を上手に出していたダイヤルデザインが、いちだんと立体感を増し、魅力的なものへと仕上がっているエルメス腕時計コピー。

「スリム ドゥ エルメス」エルメス 偽物限定仕様として、リリースされたのが、この「スリム ドゥ エルメス 駒くらべ」だ。日本の九谷焼赤絵細密画の巨匠、福島武山氏が、京都の上賀茂神社で営まれる古式競馬「駒くらべ」の情景を描いている。文字盤自体は、パリ近郊のセーヴルに古来より伝わる極めて手の込んだフランス磁器の技法によって作られている。エルメス コピー™時計永久カレンダー機構は、フランスのムーブメント専門メーカー、アジェノー社が開発したもので、その厚さはわずか1.4mm。キャリバーH1950のもともとの厚さは2.6mm、合計してもムーブメント厚は4mmに抑えられていることになる。このキャリバーH1950は、今後の発展性を示唆するベースムーブメントだ。