オメガの”デニム”をイメージした腕時計「レイルマスター」ブルージーンズのダイヤルにベージュの秒針

オメガ(OMEGA)から、新作ウォッチ「レイルマスター マスター クロノメーター」が登場。

 

「レイルマスター マスター クロノメーター」は、”デニム”にインスピレーションを受けた現代的でカジュアルなウォッチ。1957年に労働階級の人々のためにデザインされた機能美が魅力のモデル「レイルマスター」をベースに、当時作業着として愛されていたデニム素材をイメージしたデザインに仕上げた。

ポイントは、デニムをイメージした鮮やかな“ブルージーンズ”ダイアル。秒針やダイヤルに描かれた「Railmaster」の文字を彩るベージュが、デニムのステッチを彷彿とさせ、個性的な1点に仕上がっている。初代レイルマスターの機能的でクラシックなデザインと相まって、50年〜60年代のムードを感じさせるヴィンテージな味わいが漂う。

ウォッチは、ステンレススチールのベルトを採用したビジネスシーンにもふさわしい知的でスマートなモデルと、リアルブルーデニムのNATOストラップを採用したカジュアルなモデルの2種類で展開する。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/42754

OMEGA (オメガ) が挑む世界最高峰の精度、新たな品質基準マスター クロノメーターを搭載したモデルが登場

世界に数ある時計メーカーの中でも、OMEGA (オメガほどムーブメントにおける革新性を体現するブランドはそう無い。そのスピリットを表すのが、1999年に技術士のGeorge Daniels (ジョージ・ダニエルズによって開発された複雑機構「コーアクシャル・エスケープメント」であり、その後2000年代に発表された「シリコン製ヒゲゼンマイ」だ。

1952年に発表された「コンステレーション」初期モデル | © OMEGA

そして今回、その歴史をまたしても塗り替える新たなエポックメイキングとなる最新の機械式ムーブメントが誕生した。15,000ガウスという強い磁気にも耐え得る耐磁性を実現したこの新機構では、メトロの自動改札やスマートフォン、そしてバッグの金具に至るまで、生活の至るところに取り入れられた磁気を受けてなお影響されない精度を実現している。

その優れた性能を証明するのは、スイス連邦計量・認定局 (Swiss Federal Institute of Metrology、通称 METAS) による時計業界の新たな品質基準、「マスター クロノメーター」。既存のクロノメーターの基準に加え、以下の8つの新基準を満たしたモデルのみに認定される「マスター クロノメーター」は、まさに OMEGA が誇る世界最高峰の開発技術を示している。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/59974

シャネルから“カメリア”の花を象った腕時計「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」

シャネル(CHANEL)から“カメリア”の花を象った腕時計「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」が2017年秋より登場。

 

腕時計のシンボルとなるのは、ガブリエル シャネルが生涯愛したといわれる”カメリアの花”を象ったムーブメント。パーツを立体的に配置し、3次元のフォルムを形作ったムーブメントは、ウォッチの中心で花を咲かせるように存在感を放つ。

搭載したのは、シャネルの2作目となる自社製ムーブメント「CHANEL キャリバー 2. カメリア コレクション スケルトン」。パリのヴァンドーム広場からインスパイアされたといわれる八角形のケースには、18金ホワイトゴールドとダイヤモンドが使用され、漆黒の中できらきらと上品に輝く。

なお、シャネルのプルミエール コレクションの30周年を記念して作られた「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」は、スイス・ジュネーブ ウォッチグランプリ授賞式でレディース部門賞を獲得。受賞を記念し、ソウル、ローマ、ジュネーブ、ドバイを巡回し展示される。

転載サイトhttps://www.fashion-press.net/news/35055

シャネル人気ウォッチ「ボーイフレンド」にカラーストラップの新モデル

シャネル(CHANEL)の人気ウォッチ「ボーイフレンド」から、カラーストラップの新モデルが2018年夏登場。

 

「ボーイフレンド」は、シャネルのフェミニンなウォッチ「プルミエール」にマスキュリンな世界観を加えたウォッチ コレクション。2015年のデビュー以来、シンプルなルックスとマスキュリンなスタイルからファンを魅了している人気のコレクションだ。

特徴的なのは八角形のケース。伝説の香水「シャネル N°5(Chanel N°5)」のボトルストッパーとヴァンドーム広場への敬意を示した、アイコニックなフォルムは力強く洗練された印象を与える。

そんな人気ウォッチにこの夏、ピンクやライトブルーなどカラフルなアリゲーターストラップを纏った、新作が仲間入りする。

 

ストラップは、高級感漂うアリゲーター。マットな質感のアリゲーターストラップをヌード、ピンク、ライトブルー、ブルージーンとカラフルな4色に染め上げた。

ダイヤルは、スモール、ミディアム、ラージの3サイズが揃い、いずれのサイズにも4色のストラップが展開される。ケースは、ベージュゴールドとホワイトゴールドの2色がラインナップし、それぞれダイヤモンドありバージョンとなしのバージョンを揃えた。

新作の「ボーイフレンド」は選ぶのが楽しくなるほど、デザインが豊富なのが魅力。自分好みの“運命の1本”に巡り会えるかも。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/41697

Rolex (ロレックス) オイスター誕生90周年、革新し続ける「オイスター」の最新モデルが登場

そしてこの「ロレックス オイスター」の誕生から90年を数えるアニバーサリーイヤーにあたる本年。3月に開催されたバーゼルワールド2016にて発表された最新作には、自社内における新たな認定基準「Superlative Chronometer (高精度クロノメーター)」の称号が与えられ、時計業界において Rolex が依然として圧倒的な革新性を持っていることが証明された。特許取得のブラックセラミック製のモノブロック セラクロム ベゼルを搭載した「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ「オイスター パーペチュアル エアキング」、14の特許と新しいエスケープメントが採用されたキャリバー 3235 を搭載した「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」。その悠然たる佇まいは、まさに時計の王者に相応しい貫禄を放っている。

Rolex 0404 arranged

航空の世界と Rolex 1930 年代の黄金期に築いた特別な絆を象徴する「オイスター パーペチュアル エアキング」。飛行機の性能が飛躍的な発展を遂げ、人類の能力が空への征服に進み、長距離飛行が始まったこの時代に活躍した英国人飛行士 Charles Douglas Barnard (チャールズ・ダグラス・バーナード) は当時の「オイスター」について「このロレックス時計は飛行に極めて適した特別な機能を備えている。今後の長距離飛行で使うつもりだ」と語り、その高い性能を賞賛した。

その後1933年には高度10,000mの極限の気候条件のもとで、初めてエベレストの上空を飛び越えた Houston Expedition (ヒューストン・エクスペディション)、そして翌年には Owen Jones (オーウェン・ジョーンズ) Ken Waller (ケン・ウォーラー) が成し遂げた記録的な飛行実験においてもその実力を遺憾なく発揮している。

これらの壮大な飛行史へのオマージュとして、バーゼルワールド2016にて発表された「オイスター パーペチュアル エアキング」の最新モデル。その特徴は、904Lスチール製の40 mmケースと、大きな369 のアワーマーカー、そして飛行時間の計測が可能な一際目を引くミニッツスケールを配したブラックダイアルを取り入れたデザインだ。

ダイアルに記された「Air-King」の名前は、1950年代当時にこのモデルのために特別にデザインされた書体を再現したもの。そしてこのモデルは、2015年にロレックスが再定義した高精度クロノメーター認定を受けたものだ。水深100mまでの防水性能に加え、耐蝕性に優れた904Lスチールと耐傷性の高いサファイアガラスによる堅牢さも保証。またかつてのパイロットウォッチと同様に、磁場の影響から時計を守る磁気シールドも搭載されている。

「オイスター パーペチュアル エアキング」¥ 590,000 (税抜き予定価格)

1963年にレースのために製造されたモデル「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。「デイトナ」の名でも知られるこのモデルは、高精度のムーブメント、そして機能美を極めたマニッシュな顔立ちで世界で最も有名なクロノグラフのひとつとしても高い評価を集めている。今回バーゼルワールド2016にて発表された最新モデルでは、Rolex が開発、特許取得をしたブラック セラミック製のモノブロック セラクロムベゼルを備えており、先端技術と洗練されたデザインを融合している。また、極めて耐久性に優れるベゼルは PDV(物理蒸着)加工により、プラチナの薄い層でコーティングされた目盛りが並外れた視認性を実現。モノブロック セラクロムベゼルは一体成型で、ミドルケースにしっかりとクリスタルを固定し、防水性能を保証している。

「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」¥ 1,180,000 (税抜き予定価格)

Rolex の不朽の名作、「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」。その流麗なゴールドとスチールのコンビネーションは「ロレゾール」と名付けられ、1933年にその名が登録されて以来ブランドの特徴として広く知られてきた。3時の位置に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーターとして誕生した「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」からバーゼルワールド2016にて新たに登場したのは、洗練された41mmのケースに、新ムーブメント「キャリバー3235」を搭載したモデル。18ctイエロー、または特許取得の ROLEX 独自のピンクゴールド合金であるエバーローズゴールドと 904L スチールを組み合わせた 2 種類のロレゾール「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」は、まさに時代を越えて愛され続ける Rolex の顔と言える。

「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」¥ 1,210,000 (税抜き予定価格)
転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/60754

国内史上最大規模のマリー・アントワネット展が開催。彼女が愛した稀代の時計史、Breguet (ブレゲ) の秘密に迫る

インフルエンサーやファッションアイコンという言葉が生まれる遥か昔、恐らく最も古いトレンドセッターの一人がマリー・アントワネットであるということに疑問を持つ人はいないだろう。贅の限りを尽くした彼女の生活や宮殿、そして私財は未だ伝説とされる語り草。そして彼女の寵愛を受けた一人の男が、時計師の Abraham-Louis Breguet (アブラアン-ルイ・ブレゲ)。現在使われている複雑機械式時計の機構のほとんどを今から200年以上も前に確立させ、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」の異名を持つ天才の偉業は、マリー・アントワネットが彼に特注で作らせた傑作の数々が証明している。

1783年にマリー・アントワネットの護衛官によって注文されたという「ブレゲ No.160」。| © Breguet

「トゥールビヨン」、「ミニッツリピーター」、そして「パーペチュアル・カレンダー」に代表されるグランドコンプリケーションで知られる Breguet (ブレゲ) の時計だが、その長い歴史の中で最もよく知られた名機が「ブレゲ No.160」だ。

マリー・アントワネットが1783年に注文したことから、王妃の名前で呼ばれることもあるこの懐中時計。注文内容は「期限も、費用も制限無し。当時知られた複雑機構をすべて盛り込むこと」。しかしながら王妃はその10年後にあたる1793年に刑死。この稀代の傑作が完成したのは、その後34年、そして創業者の没後4年が経過した1827年であったという。

その後2世紀以上もの時を経てなお、時計業界の頂点に君臨する同メゾン。そしてその歴史に敬意を示し、2008年にはマリー・アントワネットが愛してやまなかったヴェルサイユ宮殿内、プチ・トリアノン宮の修復工事を全面サポート。フランス宮廷文化との結びつきを示すメセナ活動の流れを汲み、このほど日本において開催される「マリー・アントワネット展」に Breguet が協賛することとなった。

ヴェルサイユ宮殿企画・監修のもと開催される企画展「マリー・アントワネット展」。会場となる森アーツセンターギャラリーでは、王妃が愛用した食器や漆器、家具、身につけた衣服、そして革命期の資料など、美術的、歴史的な資料およそ200点が一堂に会する。

「マリー・アントワネット展」の開催は1025日から。マリー・アントワネットという女性、フランス文化の変遷、そしてラグジュアリーカルチャーの歴史を紐解く貴重な展示を是非お見逃しなく。

転載サイト:http://fashionpost.jp/culture/culture-art/78975

OMEGA (オメガ) がジェームズ・ボンドイヤーを祝して7,007本の限定ウォッチを発売

 

2017年は半世紀以上続く英国スパイ映画の名作『007』にとって節目の年である。数あるシリーズの中でも人気の高い『007 は二度死ぬ』(1967) から50年、『007 私を愛したスパイ』(1977) から40年、そして『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997) から20年という節目にあたるのだ。この3作品には、いずれも英国海軍中佐の軍服を着た主人公ジェームズ・ボンドが登場する。スイスの高級腕時計ブランド OMEGA (オメガ) は、この名誉ある “コマンダー (中佐)” という階級にちなみ、「シーマスター ダイバー 300 “コマンダー” ウォッチ リミテッド エディション」を製作。2017年7月6日(木) より世界同時発売となり、日本でも同日から発売される。

シーマスター ダイバー 300 “コマンダー” ウォッチ リミテッド エディション ¥530,000 (世界限定 7,007本) | ©︎ OMEGA

ステンレススティール モデルの製作数は世界限定で 7007 本。波模様がデザインされたねじ込み式のケースバックには「Commander’s Watch」「Limited Edition」の文字に加え、限定番号が刻印されている。そしてわずか 7 本しか生産しない 18K イエロ ーゴールド モデルも発売。各モデルの限定番号007番と世界に一つしかない 18K ホワイト ゴールド のスペシャルモデルの3本は今年の後半に開催されるスペシャルオークションに出品されることが決定している。その収益は厳選した慈善事業に全額寄付されるとのこと。

“コマンダー” ウォッチは、英国海軍のシンボルカラーであるホワイト、ブルー、レッドを全体に取り入れ、上品で風格のある佇まいが特徴的。赤いセンターセコンド (秒針) には、ピストルをかたどった「007」ロゴのカウンターウェイトをあしらい、日付窓からのぞく数字は 7 だけを赤に、他の数字はブルーにするなど、このモデルならではのユニークさが満載だ。

ジェームズ・ボンドと OMEGA の関係は 1995年の Pierce Brosnan (ピアース・ブロスナン) 主演にて公開された『007 ゴールデンアイ』から始まっている。『007 ゴールデンアイ』(1995) から『007 カジノ ロワイヤル』(2006) までの衣装デザイナーを務めた Lindy Hemming (リンディ・ヘミング) はボンドの相棒に「シーマスター」を選んだ理由を以下のように述べている。「世界に名だたる海軍の軍人であり、ダイバーであり、用心深い紳士である海軍中佐のボンドなら、この時計を着用するはずだと私は確信していました。」歴史を遡ると、第二次世界大戦の初期には、イギリス国防省が陸・海・空の英国軍で使用する腕時計の仕様を決定し、時計全体の50%以上を OMEGA が一手に引き受けたという事実が。海軍中佐の肩書きを持つボンドに、OMEGA の時計が支給されていたというのも頷ける。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/108617

スリム ドゥ エルメスの コピーウォッチ

このエルメス コピー時計は、閏年、月、日付を把握できる永久カレンダー(パーペチュアル・カレンダー)モデルで、ムーンフェイズ、デュアルタイム表示、それと連動した昼夜表示まで備えたコンプリケーションモデルだ。

4つのインダイヤルへわかりやすく表示を配しているので、すっきりとまとまったデザインになっている。特に永久カレンダーの表示をポインター式とし、曜日表示は省き、閏年と月の表示を9時位置のインダイヤルにまとめているのも秀逸である。元々立体感を上手に出していたダイヤルデザインが、いちだんと立体感を増し、魅力的なものへと仕上がっているエルメス腕時計コピー。

「スリム ドゥ エルメス」エルメス 偽物限定仕様として、リリースされたのが、この「スリム ドゥ エルメス 駒くらべ」だ。日本の九谷焼赤絵細密画の巨匠、福島武山氏が、京都の上賀茂神社で営まれる古式競馬「駒くらべ」の情景を描いている。文字盤自体は、パリ近郊のセーヴルに古来より伝わる極めて手の込んだフランス磁器の技法によって作られている。エルメス コピー™時計永久カレンダー機構は、フランスのムーブメント専門メーカー、アジェノー社が開発したもので、その厚さはわずか1.4mm。キャリバーH1950のもともとの厚さは2.6mm、合計してもムーブメント厚は4mmに抑えられていることになる。このキャリバーH1950は、今後の発展性を示唆するベースムーブメントだ。