Rolex (ロレックス) オイスター誕生90周年、革新し続ける「オイスター」の最新モデルが登場

そしてこの「ロレックス オイスター」の誕生から90年を数えるアニバーサリーイヤーにあたる本年。3月に開催されたバーゼルワールド2016にて発表された最新作には、自社内における新たな認定基準「Superlative Chronometer (高精度クロノメーター)」の称号が与えられ、時計業界において Rolex が依然として圧倒的な革新性を持っていることが証明された。特許取得のブラックセラミック製のモノブロック セラクロム ベゼルを搭載した「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ「オイスター パーペチュアル エアキング」、14の特許と新しいエスケープメントが採用されたキャリバー 3235 を搭載した「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」。その悠然たる佇まいは、まさに時計の王者に相応しい貫禄を放っている。

Rolex 0404 arranged

航空の世界と Rolex 1930 年代の黄金期に築いた特別な絆を象徴する「オイスター パーペチュアル エアキング」。飛行機の性能が飛躍的な発展を遂げ、人類の能力が空への征服に進み、長距離飛行が始まったこの時代に活躍した英国人飛行士 Charles Douglas Barnard (チャールズ・ダグラス・バーナード) は当時の「オイスター」について「このロレックス時計は飛行に極めて適した特別な機能を備えている。今後の長距離飛行で使うつもりだ」と語り、その高い性能を賞賛した。

その後1933年には高度10,000mの極限の気候条件のもとで、初めてエベレストの上空を飛び越えた Houston Expedition (ヒューストン・エクスペディション)、そして翌年には Owen Jones (オーウェン・ジョーンズ) Ken Waller (ケン・ウォーラー) が成し遂げた記録的な飛行実験においてもその実力を遺憾なく発揮している。

これらの壮大な飛行史へのオマージュとして、バーゼルワールド2016にて発表された「オイスター パーペチュアル エアキング」の最新モデル。その特徴は、904Lスチール製の40 mmケースと、大きな369 のアワーマーカー、そして飛行時間の計測が可能な一際目を引くミニッツスケールを配したブラックダイアルを取り入れたデザインだ。

ダイアルに記された「Air-King」の名前は、1950年代当時にこのモデルのために特別にデザインされた書体を再現したもの。そしてこのモデルは、2015年にロレックスが再定義した高精度クロノメーター認定を受けたものだ。水深100mまでの防水性能に加え、耐蝕性に優れた904Lスチールと耐傷性の高いサファイアガラスによる堅牢さも保証。またかつてのパイロットウォッチと同様に、磁場の影響から時計を守る磁気シールドも搭載されている。

「オイスター パーペチュアル エアキング」¥ 590,000 (税抜き予定価格)

1963年にレースのために製造されたモデル「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」。「デイトナ」の名でも知られるこのモデルは、高精度のムーブメント、そして機能美を極めたマニッシュな顔立ちで世界で最も有名なクロノグラフのひとつとしても高い評価を集めている。今回バーゼルワールド2016にて発表された最新モデルでは、Rolex が開発、特許取得をしたブラック セラミック製のモノブロック セラクロムベゼルを備えており、先端技術と洗練されたデザインを融合している。また、極めて耐久性に優れるベゼルは PDV(物理蒸着)加工により、プラチナの薄い層でコーティングされた目盛りが並外れた視認性を実現。モノブロック セラクロムベゼルは一体成型で、ミドルケースにしっかりとクリスタルを固定し、防水性能を保証している。

「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」¥ 1,180,000 (税抜き予定価格)

Rolex の不朽の名作、「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」。その流麗なゴールドとスチールのコンビネーションは「ロレゾール」と名付けられ、1933年にその名が登録されて以来ブランドの特徴として広く知られてきた。3時の位置に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーターとして誕生した「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」からバーゼルワールド2016にて新たに登場したのは、洗練された41mmのケースに、新ムーブメント「キャリバー3235」を搭載したモデル。18ctイエロー、または特許取得の ROLEX 独自のピンクゴールド合金であるエバーローズゴールドと 904L スチールを組み合わせた 2 種類のロレゾール「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」は、まさに時代を越えて愛され続ける Rolex の顔と言える。

「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 41」¥ 1,210,000 (税抜き予定価格)
転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/60754

超激得大人気の耐衝撃性に優れるロレックス スーパーコピー時計

2009年のデビューより3年後の本年(2016年)、「ロレックスコピーオイスター パーペチュアル デイトジャストⅡ」よりステンレススティールケース+スムースベゼルの新作が登場した。シンプル系デザインを好むファンにとって、フルーテッド(縦溝彫り)仕様ではなくスムースベゼルが選択されたことが嬉しい。

内装・外装部の仕様は2009年のロレゾールモデルを踏襲している。ロレックス スーパーコピー時計の搭載ムーブメントは、パラクロム・ヘアスプリングと、耐衝撃性に優れるパラフレックス・ショックアブゾーバを備えるCal.3136。またケースは、904Lステンレススティール製で、リューズにはトゥインロック、さらにブレスレットは約5mm延長可能なイージーリンクシステムを採用する。

サンレイフィニッシュのシルバーダイアルにより、ロレックスコピー販売のフラッグシップ・モデルに相応しい落ち着いたデザインにまとまっている。 SSモデルの登場で、ますます強化されるロレックスのフラッグシップモデルである。

人気定番の抜群の機能性を持つロレックスコピーのウォッチ

今回紹介したロレックス コピー当モデルの名称が「空の居住者」を意味することから、異なるタイムゾーンを行き交うジェットセッターをイメージするが、機能面・操作面においてはロレックスらしい「実用本位」主義が貫かれている点に注目。ここでは極めて独創的な24時間式の第二時間帯とアニュアルカレンダーの表示方法、さらに時刻・日付の設定方法の説明を試みたい。

第二時間帯(ホームタイム)はオフセンターにセットされた24時間ディスクの12時位置の三角形のアワーマーカーで表示。またロレックスコピー販売時計のアニュアルカレンダーの日付は3時位置の小窓、月はダイアルのインデックス外周部に設置された12個の小窓の色で表示する(例えば1時=1月。この写真では8月)。さらにセンター時分針(ローカルタイム。現在地時刻)と第二時間帯表示ディスク(ホームタイム)、日付の設定方法がユニークで、これらはリングコマンドベゼルを回転させ、各ポジションにセットすれば、後は一段引き出した状態のリューズを回転させ行う。

アニュアルカレンダーといえば、一年を通して大の月と小の月のカレンダーの切り替えを自動的に行い、唯一の手動調整は年に一度の3月1日のみというセミ・コンプリケーション。この複雑機能をほぼ直感的な操作により設定可能としたロレックス コピー 激安当モデルは、実用性を極めるロレックスの、コンプリケーションに対するひとつの回答といえよう。なお、このシステムを実現するために新たに開発されたのがCal.9001。ロレックスによる完全新規開発のムーブメントは、2007年の「ヨットマスターII」(Cal.4160)以来である。

高級感あふれる上質なロレックス スーパーコピー 時計

なぜロレックス時計は腕時計製造業界に評判高いか。ロレックススーパーコピーも人気ヒットセール。ロレックス歴史に読みくれ、オイスターケースの誕生を始め、ロレックスブランドは時計界に極めて重要という存在である。ロレックス 中古でもオイスターケースの性能もよく保留する。オイスターケースは防水性のシンボルとしてはロレックスが名声を得ている決定的要素のひとつである。この端正でエレガントな時計ケースは防水性と堅牢性の象徴であり、デザイン性と機能性を見事に融合させてい る。オイスターケースには904L スチール、18 ct ゴールドまたは950プラチナ製がある。

 オイスターケースの誕生は現代の腕時計製造史の大きなターニングポイントとなった。ロレックスが1926年に発明したオイスターはベゼルと裏蓋、リューズがミドルケースにねじ込まれた特許取得のシステムを備えた世界初の腕時計用の防水ケースだった。

ケースの密閉構造によって、今日では、すべてのオイスターは最低でも水深100 m(330フィート)、ダイバーズモデルのサブマリーナーでは300 m(1,000フィート)、ロレックス ディープシーでは3,900 m(12,800フィート)までの防水性能が保証されている。

 このブランドは時計スーパーコピーは弊社の公式サイトでオンライン販売、諮問サービスも提供させていただきます。ぜひ高性能のロレックス名作コピーを買い付け、ロレックス 価格が激安ブランドコピーも獲得できる。