ファンから支持されているエレガントなデザインのヴィトン 時計 コピー

昨年発表されたエスカルにミニッツリピーターを搭載したコンプリケーションモデル、ルイ・ヴィトンというトータルブランドに親しみを持つレディスモデルまで、今年は幅広い価格層でルイ ヴィトン 偽物の新作が発表された。特に今年はリーズナブルで戦略的なモデルが目立ち、幅広い客層を切り開きたいというメゾンの思いが表れている。これらの新作の中で特に印象の強いモデルを、いち早くレポートする。

ルイ   ヴィトン コピーの2015年のラインナップの幅は、非常に広い。メンズも、レディスも、コンプリケーションからエントリーモデルにいたるまで多彩に展開している。その象徴とも言えるラインナップが、昨年のバーゼルワールドで登場し、注目を集めた「エスカル」の新作コレクションだ。

今年は、従来のワールドタイム機能はそのままに、ミニッツリピーター搭載機やアンダー90万円を実現した「エスカル」が用意された。元より多くのファンを持つルイ・ヴィトンの時計を、さらに幅広い層に広めたいという攻めの姿勢が、ジュネーブにおける新工房の設立と重ねて見て取れ、意欲的なラインナップとなっている。

ヴィトン スーパー コピー「タンブール」は、旅をテーマとするルイ・ヴィトンを象徴するコレクションであり、「タンブール エヴォリューション」の名を冠するモデルは、都会的な洗練にあふれた現代的なスタイルで多くのファンから支持されている。そんなコレクションにオールブラック仕様が誕生した。

ヴィトン 時計 コピーの文字盤はもちろん、ケースは表面の硬度を上げるDLC(ダイヤモンド ライク カーボン)加工によってブラックにコートされ、カーフベルトもカーボンファイバーのようなパターン装飾を施し、ブラックに着色。ケースの右側面には「V」の文字をホワイトでデザインし、インデックスや針のホワイトともども、強い印象を残すコントラストとなるなど、すばらしいデザインだ。さらに第2時間帯表示、ホームタイムの昼夜表示付きの多機能など、いちだんと力強く進化した「タンブール エヴォリューション」は、ファンならずともお勧めしたくなる。