ウォッチブランド「マスター ワークス」デビュー、高品質の日本製腕時計を洗練されたデザインで

ウォッチブランド「マスター ワークス(MASTER WORKS)(MASTER WORKS)」が誕生。デビューシーズンを飾る腕時計が、2018年6月から全国のチックタック(TiCTAC)、オンタイムなどで販売される。

ブランド名の由来は、MASTER(=匠)WORKS(=作品)。世界中の職人が生み出す素材を活用したオリジナリティ溢れるデザインにこだわりつつ、信頼できる日本の工場で組み立てた品質の高い時計を、納得できる価格で展開していく。

注目すべきは、スイスの時計業界に従事していたデザイナー・ディエゴ ボトガー(DiegoBottger)が手掛けた、高級時計と同等のクオリティを持つ、4ピース構造のオリジナルケースデザイン。本来ならば1ピースからなるケースや裏蓋といったパーツを4つに分けて組み立てることで、美しいフォルムを生み出した。また、パーツごとに磨き分けをすることで立体感を出し、洗練された佇まいに仕上げている。

 
左から)クアトロ/001 36,000円+税、クアトロ/003 18,000円+税

ベルトはイタリア中部ボローニャ郊外の有名時計革バンド専門工房にて、ハンドメイドで作られたもの。表地にはしなやかなイタリアンレザーを、裏地には汗や汚れへの耐久性に優れたアルカンターラを貼り合わせている。

ムーブメントにもこだわり、全てに高機能な日本製を採用した。

展開されるモデルは自動巻きを搭載した「クアトロ(Quattro)/001」をはじめとする3種類。シンプルな3針モデルは、ユニセックスで着用することもできそうだ。チックタックではネイビーカラーの別注モデルも発売される。

from https://www.fashion-press.net/news/40565