国内史上最大規模のマリー・アントワネット展が開催。彼女が愛した稀代の時計史、Breguet (ブレゲ) の秘密に迫る

インフルエンサーやファッションアイコンという言葉が生まれる遥か昔、恐らく最も古いトレンドセッターの一人がマリー・アントワネットであるということに疑問を持つ人はいないだろう。贅の限りを尽くした彼女の生活や宮殿、そして私財は未だ伝説とされる語り草。そして彼女の寵愛を受けた一人の男が、時計師の Abraham-Louis Breguet (アブラアン-ルイ・ブレゲ)。現在使われている複雑機械式時計の機構のほとんどを今から200年以上も前に確立させ、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」の異名を持つ天才の偉業は、マリー・アントワネットが彼に特注で作らせた傑作の数々が証明している。

1783年にマリー・アントワネットの護衛官によって注文されたという「ブレゲ No.160」。| © Breguet

「トゥールビヨン」、「ミニッツリピーター」、そして「パーペチュアル・カレンダー」に代表されるグランドコンプリケーションで知られる Breguet (ブレゲ) の時計だが、その長い歴史の中で最もよく知られた名機が「ブレゲ No.160」だ。

マリー・アントワネットが1783年に注文したことから、王妃の名前で呼ばれることもあるこの懐中時計。注文内容は「期限も、費用も制限無し。当時知られた複雑機構をすべて盛り込むこと」。しかしながら王妃はその10年後にあたる1793年に刑死。この稀代の傑作が完成したのは、その後34年、そして創業者の没後4年が経過した1827年であったという。

その後2世紀以上もの時を経てなお、時計業界の頂点に君臨する同メゾン。そしてその歴史に敬意を示し、2008年にはマリー・アントワネットが愛してやまなかったヴェルサイユ宮殿内、プチ・トリアノン宮の修復工事を全面サポート。フランス宮廷文化との結びつきを示すメセナ活動の流れを汲み、このほど日本において開催される「マリー・アントワネット展」に Breguet が協賛することとなった。

ヴェルサイユ宮殿企画・監修のもと開催される企画展「マリー・アントワネット展」。会場となる森アーツセンターギャラリーでは、王妃が愛用した食器や漆器、家具、身につけた衣服、そして革命期の資料など、美術的、歴史的な資料およそ200点が一堂に会する。

「マリー・アントワネット展」の開催は1025日から。マリー・アントワネットという女性、フランス文化の変遷、そしてラグジュアリーカルチャーの歴史を紐解く貴重な展示を是非お見逃しなく。

転載サイト:http://fashionpost.jp/culture/culture-art/78975

国内史上最大規模のマリー・アントワネット展が開催。彼女が愛した稀代の時計史、Breguet (ブレゲ) の秘密に迫る

インフルエンサーやファッションアイコンという言葉が生まれる遥か昔、恐らく最も古いトレンドセッターの一人がマリー・アントワネットであるということに疑問を持つ人はいないだろう。贅の限りを尽くした彼女の生活や宮殿、そして私財は未だ伝説とされる語り草。そして彼女の寵愛を受けた一人の男が、時計師の Abraham-Louis Breguet (アブラアン-ルイ・ブレゲ)。現在使われている複雑機械式時計の機構のほとんどを今から200年以上も前に確立させ、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」の異名を持つ天才の偉業は、マリー・アントワネットが彼に特注で作らせた傑作の数々が証明している。

1783年にマリー・アントワネットの護衛官によって注文されたという「ブレゲ No.160」。| © Breguet

「トゥールビヨン」、「ミニッツリピーター」、そして「パーペチュアル・カレンダー」に代表されるグランドコンプリケーションで知られる Breguet (ブレゲ) の時計だが、その長い歴史の中で最もよく知られた名機が「ブレゲ No.160」だ。

マリー・アントワネットが1783年に注文したことから、王妃の名前で呼ばれることもあるこの懐中時計。注文内容は「期限も、費用も制限無し。当時知られた複雑機構をすべて盛り込むこと」。しかしながら王妃はその10年後にあたる1793年に刑死。この稀代の傑作が完成したのは、その後34年、そして創業者の没後4年が経過した1827年であったという。

その後2世紀以上もの時を経てなお、時計業界の頂点に君臨する同メゾン。そしてその歴史に敬意を示し、2008年にはマリー・アントワネットが愛してやまなかったヴェルサイユ宮殿内、プチ・トリアノン宮の修復工事を全面サポート。フランス宮廷文化との結びつきを示すメセナ活動の流れを汲み、このほど日本において開催される「マリー・アントワネット展」に Breguet が協賛することとなった。

ヴェルサイユ宮殿企画・監修のもと開催される企画展「マリー・アントワネット展」。会場となる森アーツセンターギャラリーでは、王妃が愛用した食器や漆器、家具、身につけた衣服、そして革命期の資料など、美術的、歴史的な資料およそ200点が一堂に会する。

「マリー・アントワネット展」の開催は1025日から。マリー・アントワネットという女性、フランス文化の変遷、そしてラグジュアリーカルチャーの歴史を紐解く貴重な展示を是非お見逃しなく。

転載サイト:http://fashionpost.jp/culture/culture-art/78975

偽物ブレゲ初のレディース用時計を発表

コピーブレゲ(Breguet)は、レディース初のオートマチック時計「CLASSIQUE」を、世界最大の時計見本市であるバーゼルワールド2016で発表した。デイからナイトまで装いをスタイルアップしてくれるエレガントな同ブレゲスーパーコピー 評価™の時計は、今夏ブレゲ スーパーコピー 優良店で発売予定。

ラウンドの文字盤を覆うドーム形ケースの中に約3000個の小さなファセット・クリスタルを散りばめ、手元を動かすたびに美しくきらめくデザインは、世界的に著名なスーパーコピー 激安時計デザイナー、エリック・ジルー(Eric Giroud)とのコラボレーションによって誕生。シースルーバックからはムーブメントを見ることができ、精密技術がフェミニンなデザインと融合したタイムピースとなっている。

ホワイトレザーストラップにステンレススチール製ケース、またはブラックレザーストラップにローズゴールド・コーティングを施したステンレススチール製ケースの2モデルをラインナップした。

高度な技術で高い知名度を誇るブレゲ コピー 時計の登場

ブレゲ(Breguet)は1775年にスイスで生まれたアブラアム=ルイ・ブレゲがパリで創業した高級時計メーカーです。1870年にブランドは売却され、1970年にショーメが買い取り本格的なブランド復興がなされ、その後も売却が繰り返され、1999年からはスウォッチグループに所属しています。A.ランゲ&ゾーネ同様、世界五大時計ブランドといったときに数えられるのがブレゲです。だから、ブレゲ コピー時計も人気があります。

創業者のルイ・ブレゲは「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」「時計の歴史を200年早めた男」と称され、彼の時計はマリー・アントワネットやナポレオン・ボナパルトが愛用していたことでも有名です。ブレゲの時計は、シンプルながらも細部に独特のブレゲらしさとも言える芸術性が表れています。「永久保証」も特徴的で、これを行っているのはパテック・フィリップとオーデマ・ピゲとブレゲくらいではないでしょうか。

ブレゲ スーパーコピーは、時計に関する技術の4分の3を完成させた偉人として歴史に名を残している。例えば「ブレゲヒゲゼンマイ」や「トゥールビヨン」、「ブレゲ数字」に「ブレゲ針」、「ギョーシェ彫り」、ケースや文字盤の製造工程など現代の時計に採用される機構そしてデザインも、すべてブレゲなくしてはありえないといわれるほど。価格は安いものですと100万円前後で購入可能です。ブレゲ偽物はこれに比べてかなりやすいですね。

ブレゲ 時計 コピーといったら、ブレゲが発明したと言われている自動巻機構(トゥールビヨン)、ミニッツリピーター用ゴング・スプリング、永久カレンダーなどが搭載された複雑機構時計がイメージされやすいですが、ブレゲを代表するモデルの一つがシンプルな「クラシック」です。針の先に月をイメージした丸い穴を開けた「ブレゲ針」はあまりにも有名です。ブレゲスーパーコピーもこれがコピーできるなんてすごいと思います。

伝統的な時計と現代的技術の融合したブレゲ 時計 コピーの誕生

1775年にアブラアン-ルイ・ブレゲがパリに自分の工房を構えてから、240年を迎える。同時に、ブレゲの歴史に残る複数の業績の節目でもあり、「トラディション」の10周年、アブラアン-ルイ・ブレゲがフランス海軍の御用達となってから200年など、メモリアルイヤーが重なるブレゲ コピー新作の当たり年となった。

時計の歴史を200年も早めたと言われる天才時計師が自らの工房をフランス・パリに興して、2015年は240周年を迎える。2005年に登場し、ブレゲ 偽物が考案した懐中時計を腕時計として復活させた「トラディション」のコレクション誕生から10周年でもある。ブレゲがフランス海軍御用達の時計師となってから200年を記念する年でもあり、マリーンクロノメーターに範を取った「マリーン」にトリビュートモデルが登場。レディスの「クイーン オブ ネイプルズ」もコレクションを拡充しており、多くのメモリアルイヤーが重なる特別な年となった。

ブレゲ スーパーコピー「トラディション」は懐中時計時代の傑作に範を取ったモデルであり、耐震装置“パラシュート”など、ブレゲが考案した機構や意匠を現代的にブラッシュアップしたコレクションだ。シースルーからのぞく機構を、いつでも鑑賞できることでも人気が高い。2015年は誕生から10年を迎える「トラディション」のアニバーサリーイヤーでもあり、数々のコンプリケーションが登場した。ここで注目したいのは、現代的なセミコンプリケーションであるレトログラードと融合させた「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」だ。

このブレゲ 時計 コピーには、大きな特徴があり、針が扇形に往復運針する。秒針のように絶えず動作するような針では難易度の高い機構。そんなレトログラード秒針を10時位置に搭載し、その精緻な動作を時計の機構とともに楽しめる。伝統的な時計と現代的技術の融合した姿を常に見ていられるこの時計は、所有するだけでも意味のあるコレクションといえる。

現代的な発想と伝統的なスタイルが融合したブレゲ 時計 コピー

このブレゲ コピー「トラディション」シリーズは、ブレゲを代表するモデルとして知られている。時計のメカニズムのほとんどが文字盤側から見られるという点も、このモデルの魅力だ。そのトラディションから、時計ファンが感心する機構を搭載したブレゲ 時計 コピーが発表された。それが、このトラディション インディペンデント クロノグラフ 7077だ。

通常のクロノグラフは、動力源がひとつしかない。ところが、このブレゲ コピー「トラディション」には、「時間を表示するための動力」と「計測するための動力」がそれぞれ独立して搭載されている。

このブレゲ 偽物のクロノグラフ用の動力は、クロノグラフをリセットする際のボタン操作時に動力源となるブレード(板バネ)に蓄積され、クロノグラフ機構をおよそ20分間動作させることが可能。現代的な発想と伝統的なスタイルが融合した独創的なクロノグラフは、ブレゲと「トラディション」の節目にふさわしいモデルだ。