ブルガリの新作腕時計「セルペンティ トゥボガス」蛇の頭を模したケース&3色に輝くゴールドブレスレット

ブルガリ(BVLGARI)より、新作モデルの腕時計「セルペンティ トゥボガス」が登場。


「セルペンティ トゥボガス」SAP102948 4,600,000円+税

今回新登場する「セルペンティ トゥボガス」ウォッチは、 1960年代に発表された3色ゴールドのウォッチに現代的な解釈を加えたモデル。今回の「セルペンティ トゥボガス」は、当初のモデルをベースに、ブランドのシグニチャーである蛇からインスパイア。イエロー、ピンク、ホワイトと3色の18金を採用した優雅な曲線のブレスレットに、蛇の頭を模したピンクゴールド製ケースを組み合わせた、アイコニックで表情豊かなデザインとなっている。

さらに、ベゼルには38粒のダイヤモンドをあしらい、ネジ込み式リューズには、丸い山型にカットした宝石・ピンクルベライトを施すことで華やかさを演出。繊細なギヨシェ模様の、ブラックのダイアルの上にはピンクゴールドのアワーマーカーが輝き、上品な美しさを感じさせる仕上がりとなっている。


「セルペンティ トゥボガス」SAP103003(1連) 3,380,000円+税

また、ブレスレット、ケースをピンクゴールド1色で仕上げたモデルも展開。シルバーのダイアルがシックな気品を際立たせる。

from https://www.fashion-press.net/news/41372

ブルガリのジュエリーウォッチ – ダイヤモンドの星が浮かぶ夜空のようなウォッチ

ブルガリ(BVLGARI)が、ジュエリーウォッチ「ディーヴァ ドリーム ローマンナイト」を発売する。

 
左)SAP102842 4,860,000円+税、右)SAP102843 4,640,000円+税

「ディーヴァ ドリーム ローマンナイト」は、ローマの星空をイメージしたダイヤルが特徴のウォッチ。ダイヤルは、星座を形作る星屑のようにダイヤモンドをちりばめた大きい円と、その内側にある円の2枚のディスクを重ねてられている。ディクスが回転し、時間と分を表すダイヤモンドが時刻を示すロマンチックな仕掛けだ。

ウォッチは、ダイヤモンドと鮮やかなサファイヤをあしらった文字盤と、ダークブルーのアリゲーター製のストラップが、上品かつラグジュアリーに手元を彩る。種類は、ホワイトゴールドとピンクゴールドの2モデルを用意した。

from https://www.fashion-press.net/news/44063

至高の一本の魅力に迫る!洗練されたデザインのブルガリ 時計 コピー

ブルガリ(BVLGARI)は、1884年にソティリオ・ブルガリがイタリアのローマで創業した高級ジュエリーブランドです。2011年にブルガリ創業家一族が株式交換してLVMHグループの傘下となりました。1977年、ブルガリ・オリジナルウォッチ「ブルガリ・ブルガリ」発表。そのあと、ブルガリ 偽物はだんだん現れた。

独特なラウンドケースに、ブランドロゴを二つ並べてベゼルに刻印したデザイン。その大胆にして繊細な意匠はファッション業界はもちろん、時計界でも大きな話題となり、時計ブランドとしての地位を確立する。ブルガリ コピーシリーズは1977年の発売当初から洗練されたデザインが人気を集め、現在でもブルガリの代表的なフラッグシップモデルとして君臨し続けています。メンズのラインは、「ブルガリ・ブルガリ」の他、現在は「オクト」「ディアゴノ」「ダニエル・ロート」の計4ライン。どれもブルガリ特有のステータス感全開といった時計が多いです。

価格帯としては50万円前後から100万円くらいまでのモデルが多く、価格帯だけでみると、IWCやブライトリングに近いイメージです。ブルガリ 時計 コピーも高くて、気にいればブルガリコピー時計は買ってもいいと思います。1977年に登場した「ブルガリ・ブルガリ」は、ブルガリで初めての時計であり、以来ブルガリの大ヒットモデル・フラッグシップモデルとして、王道ドレスウォッチとして君臨し続けています。

「ブルガリ・ブルガリ」はブルガリらしさ全開、存在感もたっぷりでステータスを示すにもぴったりの時計でしょう。価格は50万円から100万円のものが多いです。写真のものもブルガリ・ブルガリらしいオーソドックスな一本で、価格は853,200円。でも、ブルガリ スーパー コピー時計はかなり安くになります。

 

明確な機能に裏付けられた機械の美しさのブルガリ コピー 時計

工業デザイナーの奥山清行氏とブルガリのウォッチデザインセンター、シニアディレクター・ ファブリツィオ・ボナマッサ氏がコラボ。近年存在感を増しているブルガリのオクトに、3針カレンダー付き「ソロテンポ」、そしてクロノグラフ「ヴェロチッシモ」の日本限定ブルガリ コピーモデルが登場した。

スポーツカーが再び脚光を浴び、クルマへの注目が高まる中、時計とのコラボレーションも新世紀を迎えつつある。その先駆となるのがブルガリだ。ブルガリ 偽物とクルマといえば、まず思い浮かぶのが昨年100周年を迎えたマセラティとのコラボレーションウォッチ「オクト マセラティ クロノグラフ」だ。この年はブルガリも創業130周年に当たり、カテゴリーは異なれど同じイタリアの血筋を持つ二大ブランドが互いの周年を祝し、タッグを組んだ時計は大きな注目を集めた。


これに続くコラボレーションの相手にブルガリが選んだのは、工業デザイナーの奥山清行氏だった。奥山氏はGMチーフデザイナー、ポルシェのシニアデザイナー、ピニンファリーナのデザインディレクターといった要職を歴任してきた。なかでもピニンファリーナ時代にはフェラーリ エンツォやマセラティ クアトロポルテなどを手がけ、世界的なカーデザイナーとして知られる。ブルガリコピー™のデザインディレクターで、クルマをこよなく愛するファブリツィオ・ボナマッサ氏とも旧知の中で、その友情から今回のコラボレーションが実現したのである。

日本限定モデルブルガリ 時計 コピーは、3針カレンダー付きの「ソロテンポ」とクロノグラフの「ヴェロチッシモ」をベースにした2種類のモデルが登場した。ケースにはブラックDLC仕上げを施し、インデックスや針、ストラップのライニングとステッチにレッドをあしらう。これは奥山氏が自身のオリジナルカーであるkode9のダッシュボードから着想を得たもので、さらにケースバックのサファイアクリスタルにはkode9のホイールパターンが記されている。

ローマ建築を思わせる110面からなる構築的なケースの「オクト」も奥山氏の手にかかると、スピード感溢れるモータースポーツウォッチに変貌する。「ソロテンポ」の二ケタの数字インデックスはスピードメーターを思わせ、「ヴェロチッシモ」のクロノグラフ・インデックスはまさにメーターパネルそのものだ。ケースとストラップのブラックに紅一点となるレッドのアクセントカラーは奥山氏にとっても思い入れのある色であり、発色にはとくに時間をかけたという。

今回のコラボレーションには、「文化と感性を尊重する2つの国」であるイタリアと日本、そして「明確な機能に裏付けられた機械の美しさ」が共通するクルマと時計という、それぞれの関係性がコンセプトとして貫かれている。こうした魅力的なブルガリ スーパー コピーモデルが誕生することで、クルマと時計の蜜月の関係はさらに深まりそうだ。