今年新作の美しさを最大限に引き出すピアジェ 時計 コピー

ピアジェのトレンドは今年も継続している。秋冬発売予定の新作時計では、スケルトン化して表情の変わったピアジェ コピーが目立つ。ダイヤルから覗く美しき機械の裸体に見入る幸福を連れてくる佳作を集めた。

ピアジェ スーパーコピー機械式時計を魅力的に見せる伝統的な手法に、スケルトンウォッチがある。時計内部の美しさを最大限に引き出すことのできるモデルだが、ごまかしがきかないので、時計師の技術と経験が求められる。技術力が白日の下に晒されるのだから、ブランドも自信がなければつくれない。そんなスケルトンウォッチが、近年、とても目立っている。高い技術が必要なだけに、ひと昔前までは一部の老舗高級ブランドでしか見ることができなかったのだが、現在では多くのブランドがスケルトンウォッチをラインナップしてきている。
ここ数年で格段にレベルアップした仕上げの技術が、それを可能にしたのだ。現在では、高級といわれる100万円を超えるモデルに限らず、美しく仕上げられたピアジェ 時計 コピーが多い。それも細部に至るまで繊細に仕上げられている。それはシースルーバックのモデルが珍しくなくなったことでもわかるだろう。目覚ましい技術の向上は、機構や素材の進化だけではなく、ピアジェ 偽物スケルトンウォッチという思わぬピアジェ・トレンドをも生み出していたのである。

存在感抜群、世界的な有名人も愛用していた伝説のピアジェ 時計 コピー

ピアジェ 偽物の時計としては、ごくシンプルな2針で、文字盤にはブランドロゴがあるのみ。しかしそのエレガンスたるや他の時計の追随を許さない。それもそのはずだ。あのポップ・カルチャーの巨匠が愛した時計なのだから。「誰でも15分間は、世界的な有名人になれるだろう」というのは、アンディ・ウォーホルが残した名言。そんな15分を実現してくれそうな時計の復刻版が発売された。

アメリカンポップアートの象徴ともいえるウォーホルが愛用していたことで知られる伝説の時計「ピアジェ エンペラドール・クッション」。その名の通り、丸みのあるクッション型のユニークなフォルムや“ハート・オブ・ルビー”と“ジェード”カラーが引き立つ、ハードストーンを使用した文字盤は、一見派手で女性っぽくも見える。しかしサイズはおおぶりで、存在感抜群。男性が着けてこそ、シックでエレガントな雰囲気になる。カジュアルシーンであれば、白シャツにデニムパンツ、夜のフォーマルシーンであれば、タキシードと、どんなシーンでも男をひきたてるこのピアジェ コピー時計は、ウォーホルのように、高い美意識を持ち、自らを主張することをいとわない人に強くおすすめしたい。

この黒文字盤のピアジェ 時計 コピーがウォーホルが1973年に購入し、愛用していた伝説の時計。独特のフォルムは、伝統的なデザインからの脱却を図ろうと、ピアジェが70年代に開発したもの。ピアジェ4代目である現在の会長イヴ・ピアジェを中心にメゾンのクリエイティヴィティが開花した60〜70年代のコレクション。ウォーホルは他にピアジェのインゴット風のポケットウォッチも愛用していたそう。ピアジェコピーもオススメ!