不動の人気!ファション性と機能性も拔群のパネライ 時計 コピー

1971年ヌーシャテル天文台100周年記念祭での賞の授与を契機に誕生したのが「オフィチーネパネライ 1971」シリーズである。スイスを代表するマニュファクチュール(自社一貫製造の時計メーカー)の、それは表看板だ。その多彩なラインナップを堪能してほしい。オフィチーネパネライ コピーでも流行っています。

1970年代、時計メーカーはこぞってスイス・ヌーシャテル天文台コンテストに出品し、精度を競い合っていた。そんななか、パネライ スーパーコピーは毎時3万6000振動という、これまでにないハイビートムーブメントを完成させる。1970年のことだ。そして、その翌年にヌーシャテル天文台が100周年を迎えた記念祭で、オフィチーネパネライは「研究の成果」に対する賞を授けられた。

名誉ある賞を授けられたは、記念すべき1971年にちなんだ新コレクションを発表。それがこの「オフィチーネパネライ 1971」コレクションである。ファーストモデルはシンプルな2針だった。ベゼルの薄いラウンドケースに整然と並んだバーインデックス、そしてブルースティール針のバランスのいい素直なデザインは、すでにその後の機構の発展を予言する完成度を誇っていた。

じっさい、現代の“1971”は、クロノグラフ、アニュアル(年次)カレンダー、そしてトゥールビヨンに至るまで、多様なバリエーションの花を咲かせている。時計好きは本質を見極め、真摯な時計作りをするブランドを好む。伝統を守りつつ、常に新しい機構へと挑戦しつづけるオフィチーネパネライはそういうメーカーであり、その製品群の中でも、この”1971”は最重要なコレクションである、と僕は考える。パネライ 偽物はこっちにありますよ。

大胆なデザインで機能性が優れたオフィチーネパネライ コピー時計

イタリアを代表するジュエリー&ウォッチメーカーのofficine paneraから、縦ではなく横に描かれた文字盤が印象的な、伝説的なスタイルを色濃く反映した「ティファニー イースト ウエスト」コレクションより、オフィチーネパネライ コピー新作オートマティックが発売される。

イタリアを代表するプレミアジュエラーであり、ウォッチメーカーでもあるティファニーから、169年の長き歴史を受け継がれるウォッチメイキングのクラフツマンシップと、伝説的なスタイルを色濃く反映した「ティファニー イースト ウエスト」 コレクションより、パネライ スーパーコピー新作ウォッチが発売される。

「ティファニー イースト ウエスト」といえば縦ではなく横に描かれた文字盤が印象的で、パネライ 時計 コピー作りの常識をくつがえすクリエイティブで大胆なデザインが特徴的。新作ウォッチは、同コレクションの着想源である1940年代のティファニーのトラベルクロックの長方形のフォルムをベースとしている。それにより、従来のコレクションより一回り大きくなったウォッチケース(46.5×27.5mm)に、時計製造の最高峰スイスで生産された自動巻きメカニカル ムーブメントを搭載している。