デザインオフィスnendoの新作ウォッチ「バックル」腕を一周させるロングストラップ

佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendoのウォッチブランド「10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)」から、新作ウォッチ「バックル(backle)」が登場。2019年6月1日(土)より、ノルディック フィーリング全店にて先行予約受付を開始したのち、6月21日(金)より「10:10 BY NENDO」取扱い各店にて発売される。

「バックル」は、2019年3月に発売された「ドラフツマン」に続き登場する、「10:10 BY NENDO」のオリジナルウォッチシリーズだ。

最大の特徴となるのが、「バックル」の名の通り、ケースの12時側に付いたバックルと、6時側に伸びる長いストラップ。ストラップは腕に一周回してバックルを通し、折り返して着けるというユニークな着用方法となっている。

開発で最も苦労したというのが、“遊革”の部分。ストラップが6時方向にしかないため、時計を外す時に落ちてしまわないよう、ストラップの先端だけ緩やかに幅を広げたり、“遊革”の内輪を細工し、快適に使用できる現在の形が完成した。

また、ケースはユニセックスで使用できるサイズ感の36mm、カラーは3種類で用意。シックかつベーシックなルックスは、様々なシーンで活躍してくれそうだ。

from

https://www.fashion-press.net/news/50351