シャネルから“カメリア”の花を象った腕時計「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」

シャネル(CHANEL)から“カメリア”の花を象った腕時計「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」が2017年秋より登場。

 

腕時計のシンボルとなるのは、ガブリエル シャネルが生涯愛したといわれる”カメリアの花”を象ったムーブメント。パーツを立体的に配置し、3次元のフォルムを形作ったムーブメントは、ウォッチの中心で花を咲かせるように存在感を放つ。

搭載したのは、シャネルの2作目となる自社製ムーブメント「CHANEL キャリバー 2. カメリア コレクション スケルトン」。パリのヴァンドーム広場からインスパイアされたといわれる八角形のケースには、18金ホワイトゴールドとダイヤモンドが使用され、漆黒の中できらきらと上品に輝く。

なお、シャネルのプルミエール コレクションの30周年を記念して作られた「プルミエール カメリア コレクション スケルトン」は、スイス・ジュネーブ ウォッチグランプリ授賞式でレディース部門賞を獲得。受賞を記念し、ソウル、ローマ、ジュネーブ、ドバイを巡回し展示される。

転載サイトhttps://www.fashion-press.net/news/35055

シャネル人気ウォッチ「ボーイフレンド」にカラーストラップの新モデル

シャネル(CHANEL)の人気ウォッチ「ボーイフレンド」から、カラーストラップの新モデルが2018年夏登場。

 

「ボーイフレンド」は、シャネルのフェミニンなウォッチ「プルミエール」にマスキュリンな世界観を加えたウォッチ コレクション。2015年のデビュー以来、シンプルなルックスとマスキュリンなスタイルからファンを魅了している人気のコレクションだ。

特徴的なのは八角形のケース。伝説の香水「シャネル N°5(Chanel N°5)」のボトルストッパーとヴァンドーム広場への敬意を示した、アイコニックなフォルムは力強く洗練された印象を与える。

そんな人気ウォッチにこの夏、ピンクやライトブルーなどカラフルなアリゲーターストラップを纏った、新作が仲間入りする。

 

ストラップは、高級感漂うアリゲーター。マットな質感のアリゲーターストラップをヌード、ピンク、ライトブルー、ブルージーンとカラフルな4色に染め上げた。

ダイヤルは、スモール、ミディアム、ラージの3サイズが揃い、いずれのサイズにも4色のストラップが展開される。ケースは、ベージュゴールドとホワイトゴールドの2色がラインナップし、それぞれダイヤモンドありバージョンとなしのバージョンを揃えた。

新作の「ボーイフレンド」は選ぶのが楽しくなるほど、デザインが豊富なのが魅力。自分好みの“運命の1本”に巡り会えるかも。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/41697

Chanel (シャネル) 初の自社ムーブメントを搭載したメンズウォッチ「ムッシュー ドゥ シャネル」は何故、今最も革新的な時計なのか

© Chanel

Chanel (シャネル) による最新のタイムピース「MONSIEUR de CHANEL (ムッシュー ドゥ シャネル)」。世界最大の時計、宝飾品の見本市「BaselWorld (バーゼルワールド)2016年版でお目見えしたこの作品は、時計の専門誌のジャーナリストを以ってして「今年一番驚きを与えてくれたモデル」と言わしめた逸品だ。何故それほどまでに革新的なのか。今回は「表」と「裏」の両面からその真相に迫ってみよう。

メゾンのコードを細部に配したデザイン。リュウズには、ライオンのモチーフが刻印されている。| © Chanel

まず何と言っても、「ムッシュー ドゥ シャネル」はシャネルによる初の初の自社ムーブメントを搭載したメンズウォッチだ。Chanel (シャネル) が世界中の女性達の憧れであることは言うまでもないだろう。しかしながらこのメゾンの歴史が、メンズファッションの文脈で語られることはさほど多くなかった。

「ムッシュー ドゥ シャネル」の完成までに要した期間は、約5年。満を持して発表された作品は、一切の無駄を排除した究極のシンプリシティを湛えている。シルバーがかったオパールアイボリーのダイヤルの6時の位置には視認性に優れた大きなジャンピングアワーウィンドウを配置。12時側には、ダイナミックな弧を描く240°のレトログラード分表示を配する。

もちろん、メゾンの DNA はありとあらゆるディティールに取り入れられている。マドモアゼルの生まれ星座であり、幸運のシンボルとして愛したライオンのモチーフは、リュウズ、ムーブメント、そしてストラップのバックルに採用。ヴァンドーム広場に着想を得た8角形のシェイプは、6時位置に配されたアワーやバックルに取り入れられた。象徴的なアラビア数字は、この作品のためだけに Chanel のクリエイション スタジオが作り出したもので、クラシックなダイヤルに軽やかなモダニティを添えている。

Less is more」という言葉が思い浮かぶシンプルかつタイムレスなデザインに対して、裏返すと顔を覗かせるのが、グラフィカルなムーブメント。Chanel が初めて設計、開発を自社で行ったこの「CHANEL キャリバー 1.」には、ジャンピングアワーとレトログラード分表示という2つのコンプリケーションを搭載。レオグラード分針は、進めるだけでなく戻すこともできるという画期的なもので、ユーザーフレンドリー。この機構は特許を申請中だ。

Chanel による初の100%自社内で制作したムーブメント「CHANEL キャリバー 1.」

丁寧に仕上げられた高品質なパーツは、ソリッドなブラックに統一されており、歯車のシルバーと真紅のルビー石がアクセントとなっている。

「表」と「裏」、そして360度どこから見ても美しい「ムッシュー ドゥ シャネル」。最新の技術と卓越したアルティザンシップ、そしてタイムレスなデザイン美学の詰まった、マスターピースの誕生だ。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/79053

人気新作のファション性と機能美を持つシャネル コピー 時計

休日のカフェや遊園地でのデートの時や、カジュアルなコーディネートの時に「ビジネスシーンで使っている腕時計」をそのまましていませんか?いわゆる「キレイ目」の重厚さのある時計は、「ゆるさ」がトレンドとなっている最近のカジュアルコーディネートでは浮いてしまうことも。洋服に合わせて、腕時計も一緒に着替えておきたいですね。ここでは人気のカジュアルシャネル コピーウォッチをご紹介していきます。

このシャネル 時計 コピーは、大統領からハリウッドスターまで、幅広いセレブにも愛用されているアメリカ時計メーカーです。中でも「WEEKENDER」は、そのシンプルな文字盤の見やすさで「永遠の定番」とも呼ばれています。カーキのベルトのWEEKENDERは、アーバンミリタリースタイルによく馴染むことでも人気。ベルトの付け替えも可能なので、末永い「週末スタイル」の時計となってくれそうです。

ストラップ(ベルト)の色使いが豊富で、その発色の良さや色合わせのキレイさは「さすが北欧系」と唸らされます。プレッピースタイルとの相性も良いですし、ごくシンプルなコーディネートのポイントとしてキレイ色ストラップを使ってみるのもオススメです。時計の原点・スタンダードを追求したシャネル スーパー コピーウォッチ。24時間表示もあるデザインが、国内販売ものではなかなかないレトロ・シンプルな機能美を教えてくれます。価格も非常にリーズナブルなので、「とりあえずカジュアルウォッチが一本欲しい」という時にもありがたい存在です。

ビジネスウォッチでは「高級感」「重厚感」が重視されますが、カジュアルシーン用の腕時計では敢えて「軽いチープ感」「オモチャ感」を楽しむことが人気になっています。カジュアルでありながらきちんとしたシャネル 偽物のものを身につけておけば、トレンドを抑えつつ「大人のカジュアルスタイル」を作れますね。