個性と優美なデザインで機能性が優れたコルム コピー 時計の登場

スイスの高級時計メーカー、コルム スーパーコピーの角型時計の代表的コレクション「ヴィンテージ 1962」から、スケルトンダイヤルモデルがネットで登場します。

ブランド初のスケルトンバージョンでもある新作「ヴィンテージ 1962 XXL ラージデイト&ムーンフェイズ」には、ハーフスケルトンのサファイアクリスタルで作れらた文字盤が採用され、歯車や表示ディスク、レバーやホイールといった、その魅惑的なメカニズムを正面から目にすることができる。

ケースに合ったその形状は、コルム社のアイデンティティが際立ち、即座に日付が変わるといった精緻な機能が、時、分、スモール セコンドの表示を、独特に引き立たせている。“動く芸術”とも言えるべく「ヴィンテージ 1962 XXL」は、その力強い個性と優美なセンスが運命づけられているのだ。

このコルム コピー「ヴィンテージ 1962 XXL ラージデイト&ムーンフェイズ」は、複数のコントラストが組み合わさって、まるで金属とガラスでできた大聖堂のように、現代建築の様相を呈している。その神秘的な半透明の素材とともに、表と裏の両側から時計の機構を明らかにし、時刻が瞬時にはっきりと読み取れるよう、インデックスとアラビア数字を目立たせている。この純粋なアールデコ様式にデザインされた時計は、ジラール・ペルゴの歴史の一部を形成し、愛好家たちの注目を集めること間違いなしだ。

今回のコルム 時計 コピーは、ステンレススティールと、ピンクゴールドケースが発売される。