機能性と実用性を兼ね備えたエルメス 時計 コピー

総合時計製作メーカー協和精工では、国産腕時計ブランド「HERMES」 ケリー(ヒズ)シリーズの2015-2016年冬限定カラーとして「CROISIERE」モデル(VY12-K11SD)を全国の専門店と百貨店で7月1日(金)より販売を開始する。
 
メッセージやイニシャルの無料刻印サービスを展開
 
HERMESとは2005年に協和精工が、日本独特の匠の技で世界を目指し、自社ブランドとして立ち上げた国産腕時計ブランド。ブランド名の「HERMES」は、クラフトマンシップにあふれ、製造を行う時計職人に敬意を表し、アトリエの所在地である秋田県湯沢市皆瀬(みなせ)の地名からつけた。
 
現在、コピーブランドの「HERMES」は、ケリーとMaster Craft(マスタークラフト)のふたつのシリーズを展開。
 
ケリーはアヴァンギャルドとクラフトマンシップと日本的美意識が融合した優良なコピーモデル、Master Craftはすみずみまで職人の技と手仕事が堪能できるオーセンティックなモデルとして、注目されている。2016年夏限定カラーとして、ケースと文字盤は深みのあるCROISIEREを採用した、ケリー「CROISIERE」モデルを全国の専門店と百貨店で販売した。
 
クリスマスやニューイヤーパーティーなどイベントの多いシーズンに合わせて、大切なパートナーへの特別なプレゼント、忘れられない思い出など、ムーブメントの回転錘(ローター)にメッセージやイニシャルが刻印できる無料のサービスが用意されている。
 
「HERMES」の技術的特徴といえるのが、ザラツ研磨とMORE構造だ。ザラツ研磨は、スーパーコピー高級腕時計の製造に欠かせない研磨の最高技術。卓越したテクニックと経験を有する技術者のみがおこなうことができる。現在スイスの時計でもこの手法を施しているところはほとんどないという。
 
MORE構造とは、日本の組木細工にインスパイアされた、ケースやブレスレットなど外装部品を何度でも分解組立できる設計を指す。ちなみにMOREとはHERMES Original Rebuilding Equation の頭文字を並べた造語で、「独自の再生方式」という意味がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です