OMEGA (オメガ) がジェームズ・ボンドイヤーを祝して7,007本の限定ウォッチを発売

 

2017年は半世紀以上続く英国スパイ映画の名作『007』にとって節目の年である。数あるシリーズの中でも人気の高い『007 は二度死ぬ』(1967) から50年、『007 私を愛したスパイ』(1977) から40年、そして『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997) から20年という節目にあたるのだ。この3作品には、いずれも英国海軍中佐の軍服を着た主人公ジェームズ・ボンドが登場する。スイスの高級腕時計ブランド OMEGA (オメガ) は、この名誉ある “コマンダー (中佐)” という階級にちなみ、「シーマスター ダイバー 300 “コマンダー” ウォッチ リミテッド エディション」を製作。2017年7月6日(木) より世界同時発売となり、日本でも同日から発売される。

シーマスター ダイバー 300 “コマンダー” ウォッチ リミテッド エディション ¥530,000 (世界限定 7,007本) | ©︎ OMEGA

ステンレススティール モデルの製作数は世界限定で 7007 本。波模様がデザインされたねじ込み式のケースバックには「Commander’s Watch」「Limited Edition」の文字に加え、限定番号が刻印されている。そしてわずか 7 本しか生産しない 18K イエロ ーゴールド モデルも発売。各モデルの限定番号007番と世界に一つしかない 18K ホワイト ゴールド のスペシャルモデルの3本は今年の後半に開催されるスペシャルオークションに出品されることが決定している。その収益は厳選した慈善事業に全額寄付されるとのこと。

“コマンダー” ウォッチは、英国海軍のシンボルカラーであるホワイト、ブルー、レッドを全体に取り入れ、上品で風格のある佇まいが特徴的。赤いセンターセコンド (秒針) には、ピストルをかたどった「007」ロゴのカウンターウェイトをあしらい、日付窓からのぞく数字は 7 だけを赤に、他の数字はブルーにするなど、このモデルならではのユニークさが満載だ。

ジェームズ・ボンドと OMEGA の関係は 1995年の Pierce Brosnan (ピアース・ブロスナン) 主演にて公開された『007 ゴールデンアイ』から始まっている。『007 ゴールデンアイ』(1995) から『007 カジノ ロワイヤル』(2006) までの衣装デザイナーを務めた Lindy Hemming (リンディ・ヘミング) はボンドの相棒に「シーマスター」を選んだ理由を以下のように述べている。「世界に名だたる海軍の軍人であり、ダイバーであり、用心深い紳士である海軍中佐のボンドなら、この時計を着用するはずだと私は確信していました。」歴史を遡ると、第二次世界大戦の初期には、イギリス国防省が陸・海・空の英国軍で使用する腕時計の仕様を決定し、時計全体の50%以上を OMEGA が一手に引き受けたという事実が。海軍中佐の肩書きを持つボンドに、OMEGA の時計が支給されていたというのも頷ける。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-jewelry-watch/108617

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です