20年記念モデル、新技術で高品質なエルメス コピー 時計

パルミジャーニ・フルリエでは20周年のメモリアルモデルとともに、まったく新しいムーブメントのプロトタイプが公開された。ゼンマイの駆動時間を伸ばす方法として多く用いられてきたのが、ゼンマイの強化が定説とされてきた。ところが、今回発表されたバーキン スーパー コピー時計新ムーブでは、まったく逆のアプローチで考えられているという。そんな新技術の最前線にもスポットを当てたい。

多くクロノグラフムーブメントは、基本となるベースムーブメントに、クロノグラフ機構を載せたプレートを取り付ける、モジュール方式で作られている。このベースムーブメントとクロノグラフ機構を分けることなく設計・製造されるのが一体型クロノグラフだ。当然、設計も製造も難易度は高い。なにしろ、ミシェル・パルミジャーニ氏ほどの熟練の時計師が一度作ってみたかったとコメントするほどなのだから。

そう、このエルメス コピー「トンダ クロノール アニヴェルセール」は、20年記念モデルというだけでなく、ブランド初の一体型クロノグラフムーブメント、キャリバーPF361を搭載するという点でも記憶に残るモデルだ。記念碑的モデルだけに機能や作り込みも半端ではない。スプリットセコンド機能、ビッグデイトを搭載し、振動数は毎時3万6000振動の超ハイビート。高品位のコラムホイール方式で、現代のクロノグラフらしい垂直クラッチを採用する。

エルメス 時計 コピーは地板や受け板などのパーツは18Kゴールド製で、シースルーバックから覗くその姿は、神々しいほどだ。そんな貴重なクロノグラフを愛好家なら、なんとか手に入れたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です