伝統的な時計と現代的技術の融合したブレゲ 時計 コピーの誕生

1775年にアブラアン-ルイ・ブレゲがパリに自分の工房を構えてから、240年を迎える。同時に、ブレゲの歴史に残る複数の業績の節目でもあり、「トラディション」の10周年、アブラアン-ルイ・ブレゲがフランス海軍の御用達となってから200年など、メモリアルイヤーが重なるブレゲ コピー新作の当たり年となった。

時計の歴史を200年も早めたと言われる天才時計師が自らの工房をフランス・パリに興して、2015年は240周年を迎える。2005年に登場し、ブレゲ 偽物が考案した懐中時計を腕時計として復活させた「トラディション」のコレクション誕生から10周年でもある。ブレゲがフランス海軍御用達の時計師となってから200年を記念する年でもあり、マリーンクロノメーターに範を取った「マリーン」にトリビュートモデルが登場。レディスの「クイーン オブ ネイプルズ」もコレクションを拡充しており、多くのメモリアルイヤーが重なる特別な年となった。

ブレゲ スーパーコピー「トラディション」は懐中時計時代の傑作に範を取ったモデルであり、耐震装置“パラシュート”など、ブレゲが考案した機構や意匠を現代的にブラッシュアップしたコレクションだ。シースルーからのぞく機構を、いつでも鑑賞できることでも人気が高い。2015年は誕生から10年を迎える「トラディション」のアニバーサリーイヤーでもあり、数々のコンプリケーションが登場した。ここで注目したいのは、現代的なセミコンプリケーションであるレトログラードと融合させた「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」だ。

このブレゲ 時計 コピーには、大きな特徴があり、針が扇形に往復運針する。秒針のように絶えず動作するような針では難易度の高い機構。そんなレトログラード秒針を10時位置に搭載し、その精緻な動作を時計の機構とともに楽しめる。伝統的な時計と現代的技術の融合した姿を常に見ていられるこの時計は、所有するだけでも意味のあるコレクションといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です