人気定番の抜群の機能性を持つロレックスコピーのウォッチ

今回紹介したロレックス コピー当モデルの名称が「空の居住者」を意味することから、異なるタイムゾーンを行き交うジェットセッターをイメージするが、機能面・操作面においてはロレックスらしい「実用本位」主義が貫かれている点に注目。ここでは極めて独創的な24時間式の第二時間帯とアニュアルカレンダーの表示方法、さらに時刻・日付の設定方法の説明を試みたい。

第二時間帯(ホームタイム)はオフセンターにセットされた24時間ディスクの12時位置の三角形のアワーマーカーで表示。またロレックスコピー販売時計のアニュアルカレンダーの日付は3時位置の小窓、月はダイアルのインデックス外周部に設置された12個の小窓の色で表示する(例えば1時=1月。この写真では8月)。さらにセンター時分針(ローカルタイム。現在地時刻)と第二時間帯表示ディスク(ホームタイム)、日付の設定方法がユニークで、これらはリングコマンドベゼルを回転させ、各ポジションにセットすれば、後は一段引き出した状態のリューズを回転させ行う。

アニュアルカレンダーといえば、一年を通して大の月と小の月のカレンダーの切り替えを自動的に行い、唯一の手動調整は年に一度の3月1日のみというセミ・コンプリケーション。この複雑機能をほぼ直感的な操作により設定可能としたロレックス コピー 激安当モデルは、実用性を極めるロレックスの、コンプリケーションに対するひとつの回答といえよう。なお、このシステムを実現するために新たに開発されたのがCal.9001。ロレックスによる完全新規開発のムーブメントは、2007年の「ヨットマスターII」(Cal.4160)以来である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です