ジラール・ペルゴの時計「ネオ・スリー ブリッジ トゥールビヨン スケルトン」ムーブメントを可視化

スイスの時計ブランド「ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)」より、「ネオ・スリー ブリッジ トゥールビヨン」初のスケルトンモデル「ネオ・スリー ブリッジ トゥールビヨン スケルトン」が登場。


ネオ・スリー ブリッジ トゥールビヨン スケルトン 17,344,800円(税込)

「ネオ・スリー ブリッジ トゥールビヨン スケルトン」は、細長く、丸みをおびた黒のブリッジが特徴のウォッチ。ブリッジの曲線とカットワークは、時計そのものの構造を際立たせるとともに、細い機械構造を支えている重要な役割を担っている。

厚さ15.6mm、直径45㎜のチタンケースは、ベゼルを無くし、サテン仕上げを施している。また、総重量0.25gという軽さも実現した。さらに、傷防止コーティングが施されたサファイアクリスタルを採用することにより、ブリッジが引き立つデザインとなっている。

キャリバーには、ホワイトゴールド製マイクロ ローターを備えた片方向自動巻きシステムが駆動するトゥールビヨン ケージが組み込まれた。シンメトリーのムーブメントは、熟練の職人による穿孔加工と手作業によって、繊細に仕上げられている。

香箱と同軸に取り付けられたホワイトゴールド製マイクロローターは、重みにより効率の良い巻き上げを実現。約60時間のパワーリザーブを得ることができる。

from https://www.fashion-press.net/news/44202

シチズン アテッサの限定腕時計「ムーンゴールド」月の陰影を表現したブラック×ゴールド

シチズン(CITIZEN)のビジネスマン向けのライン「シチズン アテッサ」より、限定腕時計「エコ・ドライブGPS衛星電波時計F950 ムーンゴールド限定モデル」が登場。2019年6月中旬より発売される。

今回登場する限定モデルの特徴は、淡いゴールドとブラックを組み合わせ、“月の陰影”を表現した独特のカラーリング。ゴールドとブラックそれぞれをメインカラーにした2モデルがラインナップされる。

ゴールドの美しい色調を再現するために製法に用いられたのは、強い耐傷性を誇る表面硬化技術「デュラテクトMRK ゴールド」。チタニウムの表面にガスを浸透させる「デュラクトMRK ゴールド」では、一般的な「デュラクト」に比べ約10倍以上の厚みの硬化層を作り出すことが可能となっており、チタニウムの特性を生かしながらより強固な硬さを実現した。

また、文字板は、別体の金属パーツや力強いインデックスを採用。月の表面を感じさせるデザインに仕上げた。

内部には光発電エコ・ドライブによるGPS衛星電波時計ムーブメントのCal.F950 を搭載。世界最速レベルとなる最短3秒で時刻情報を受信し、メインタイムの時針と分針を高速で動かして、時刻を修正することが可能だ。

さらに、同時に2つの時間を確認できるデュアルタイム表示や、39のタイムゾーンとカレンダーを表示する都市選択ワールドタイム機能“ダブルダイレクトフライト”なども注目の機能。洗練されたデザインと充実のスペックで、様々なシーンで活躍してくれる。

from https://www.fashion-press.net/news/49634