「タグ・ホイヤー」新ムーブメントを搭載した”カレラ”シリーズ最新モデル

「タグ・ホイヤー」新ムーブメントを搭載した”カレラ”シリーズ最新モデル
×(c)TAG HEUER

【1月18日 MODE PRESS WATCH】スイスの高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は、最新作「カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」を発表した。

腕時計で初めてカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイを採用した自社製新ムーブメント「キャリバー ホイヤー 02T ナノグラフ」を搭載。カーボンコンポジット製ヒゲゼンマイは、「タグ・ホイヤー」が発明し特許を取得した最新の革新的技術だ。COSC認定クロノメーターであるこの新ムーブメントには、トゥールビヨン機構も搭載されている。

LVMHウォッチメイキングディヴィジョン プレジデント兼「タグ・ホイヤー」CEOのステファン・ビアンキは、次のようにコメントを発表。

「自社の先進技術を盛り込んだこのタグ・ホイヤー カレラの新しい解釈は、最高級の時計製造という当社が受け継ぐレガシーを強調するとともに、パフォーマンス、破壊的なイノベーション、アヴァンギャルドという当社の価値観に、現在も忠実であり続けていることの証明ともなっています」

1860年の創業以来、歴史に培われたアヴァンギャルドな精神と時計製造の技術、そして1963年に発表された「カレラ」コレクションのDNAを受け継ぐ最新作「「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」は、機械式時計の製造において、一歩先を行く発明と言えるだろう。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3206830

「ジャケ・ドロー」エントリーラインに新作2モデル登場

「ジャケ・ドロー」エントリーラインに新作2モデル登場
×J017030241(表) 993,600円(税込)(c)Jaquet Droz

【12月27日 MODE PRESS WATCH】スイス高級機械式腕時計ブランド「ジャケ・ドロー(Jaquet Droz)」は、アストラル コレクションから新しいエントリーライン「グラン・ウール ミニット」の新作2モデルを発表し、日本入荷を開始した。

時計製造の祖である天文学へのオマージュとして発表された新作「グラン・ウール ミニット(GRANDE HEURE MINUTE)」は、直径43mmのステンレススティールケースに高精度自動巻きムーブメント「Jaquet Droz 1169.Si キャリバー」を搭載。ムーブメント名の最後の2文字「Si」はシリコンを指し、耐衝撃性に優れ、酸化せず、磁場の影響を受けることなく温度差にも強いシリコンをヒゲゼンマイとアンクルの先に採用することで、長い耐久性と天文学的な精度、68時間のパワーリザーブによる約3日間の動作持続力を兼ね備えた。文字盤の仕上げに、メゾンのシグネチャーのひとつであるオフセンター スモールセコンドを9時位置に配した。

「グラン・ウール ミニット」の2つの新作は、シルバーカラーダイアルにブルースティール針をあしらったモデルと、スレートグレーダイアルにロジウム加工を施した針のモデルで登場。ミニマリズムが傑出したエントリーラインの新作をぜひチェックして。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3204199

「ヴァン クリーフ&アーペル」ジュネーブ時計グランプリでW受賞

「ヴァン クリーフ&アーペル」ジュネーブ時計グランプリでW受賞
×(c)Van Cleef & Arpels

【1月8日 MODE PRESS WATCH】「ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」の「レディ アーペル プラネタリウム ウォッチ」が、2018年ジュネーブ時計グランプリにてレディスコンプリケーション賞を受賞した。また、「スクレ ドゥ コクシネル ウォッチ」もジュエリー ウォッチ賞を受賞した。

これらの賞はそれぞれ「独創性に富む複雑な機械式機構を搭載した、もっとも卓越したレディース ウォッチ」と「ジュエリー制作と宝石セッティングの技術的完成度が突出し、宝石の選択が際立っているウォッチ」に対して授与される。

「レディ アーペル プラネタリウム ウォッチ」には、太陽、水星、金星、地球、そして月が描かれており、それぞれの天体は実際のスピードで文字盤の上を動く。「スクレ ドゥ コクシネル ウォッチ」は、文字盤を巧みに隠したエレガントで独創的なデザインにより、失礼なくそっと時間を確かめることができるウォッチだ。

これらのタイムピースは「ヴァン クリーフ&アーペル」の時計制作におけるテーマ「ポエトリー オブ タイム(詩情が紡ぎだす時)」を忠実に反映した作品となっている。

FROM

http://www.afpbb.com/articles/modepress/3204415

リシュモン新腕時計ブランド「ボーム(BAUME)」日本初展開を伊勢丹新宿で、リサイクル可能な素材使用

カルティエ(Cartier)やヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)を傘下にもつリシュモングループから新時計ブランド「ボーム(BAUME)」が、2019年2月6日(水)から12日(火)までオープンする伊勢丹新宿店の限定ストアで日本初展開。

リシュモン新ブランド「ボーム」では環境に配慮した時計作りを展開

70,000円+税
70,000円+税

リシュモンは、カルティエやヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)といった宝飾品メゾン、オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)やヴァシュロン・コンスタンタンといった腕時計ブランド、さらには万年筆で有名なモンブラン(MONTBLANC)を傘下に持つ、スイスを拠点する世界的な企業グループ。

62,000円+税
62,000円+税

新たに誕生した新ブランド「ボーム」は、宝飾品や時計などを手がけてきたリシュモンの歴史と経験を活かしながら、同時に、地球環境への配慮を最優先に考えた時計作りを展開していくブランドだ。リサイクル可能な素材などを使用することで、伝統的で上質なデザインと、先進的なアプローチを兼ね揃える時計を提案する。

2,000通り以上のデザインからオリジナル時計のカスタムも可能

70,000円+税
70,000円+税

「ボーム」では、カスタマイズモデル、アイコニックモデル、そして限定モデルの3つの商品ラインを展開。カスタマイズモデルは、ケースサイズから針、ダイヤル、ベルトまで2,000通り以上ある選択肢の中から自分だけの1つをオンラインストアを通じてカスタムできるほか、ケースバックには、特別な言葉や名前の刻印も可能だ。

アイコニックモデルは、リサイクル・アップサイクルされた素材を生かした、ミニマルなデザインが特徴。そして最初に展開される限定モデルは、プロスケーターであるエリック・エリントン(Erik Ellington)と彼が立ち上げたブランドHRSとのコラボレーションモデルとなっている。

限定ストアでは、カスタマイズサービスも実施

伊勢丹新宿の限定ストアでは、ボームの時計を数量限定で販売する。また、店頭では通常オンラインで受け付けるカスタマイズサービスも実施。セールススタッフのサポートを受けながら、自分好みのオリジナル時計をオーダーすることができる。なお、販売される時計は限定数量での展開となるため、気になる人は早めに足を運んだ方が良さそうだ。

from https://www.fashion-press.net/news/46440

ヴィヴィアン・ウエストウッドの新作腕時計「ICON II」ウィメンズ&メンズで発売

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)の新作腕時計「ICON II」が、2018年11月30日(金)に発売される。

 

クラシックな「ICON」コレクションから2018-19年秋冬シーズンの新作がウィメンズ&メンズで登場。ブランドを象徴する“ORB”モチーフを文字盤にデザインしたレクタングルケースとレザーストラップを組み合わせた、シンプルながら存在感あるデザインが特徴だ。

ウィメンズモデルは、エレガントな雰囲気をプラスするためシェルダイアルを採用。マットブラックとヴィヴィッドオレンジで展開されるリザードストラップも、女性らしい華やかさをさりげなく演出してくれる。

 

一方のメンズモデルでは、ニュアンスカラーの文字盤とシュリンクレザーを採用することで、よりクールかつシックな雰囲気に。いずれのモデルも基本的なデザインは共通しているので、ペアウォッチとしてもオススメだ。

from https://www.fashion-press.net/news/45078

タグ・ホイヤー「カレラ」新作腕時計、世界初技術による“軽量かつ衝撃に強い”ヒゲゼンマイを使用

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)は、最新作「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」を発表。展開は、2019年5月頃を予定している。

1963年に発表されたタグ・ホイヤーの「カレラ」コレクションは、モーターレースからインスピレーションを得たクラシックながら現代的なスポーツウォッチだ。そこには、1860年の創業以来培ってきた、アヴァンギャルドな精神と時計製造の技術が根付いている。

同コレクションの最新作となる「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」には、時計の心臓部ともいえるヒゲゼンマイに、時計製造において世界初となるカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイを採用した、自社製新ムーブメント「キャリバー ホイヤー 02T ナノグラフ」が搭載されている。また、このムーブメントは、COSC認定クロノメーターであり、正確な時を刻むためには欠かせないトゥールビヨン機構も搭載されている。

 

カーボンコンポジット製ヒゲゼンマイは、タグ・ホイヤーが発明し特許を取得した世界最先端技術。軽量で密度が低く、一般的に使用されるシリコンや金属に比べて重力や衝撃の影響を受けにくいことが利点として挙げられる。また、組み立て時の取り付け方によって品質を左右すると言われるヒゲ玉と一体化して製造することで、製造の精度が格段に向上したのも魅力だ。なお、約65時間のロングパワーリザーブも実現している。

from https://www.fashion-press.net/news/46098

パリ発ウォッチ「ラプス」“頭飾りを付けた猫”などアートな文字板の腕時計、ビームス新宿に集結

パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」は、新作を含む「シグネチャーコレクション」の腕時計フルラインナップを、2018年12月25日(火)よりビームス新宿にて発売する。


18,144円(税込)

「ラプス」は、デザイナー兼クリエーターのアントナン・メルシエが、パリジャンならではのノウハウを用いて、歴史上の遺産や、アート、マテリアルをデザインに落とし込んだ腕時計を展開するブランド。額縁をイメージした滑らかなラインのレクタングルケースに、アートピースのようなグラフィックをあてはめた、エスプリな雰囲気の漂うウォッチが勢揃いする。


18,144円(税込)

ダイアルに施されたグラフィックは、和柄や花柄といったシンプルなものから、モノクロ写真、コミカルなイラストなど、多彩な種類を用意。華やかな頭飾りを付けた猫や“女武芸者”、婚礼衣装を身にまとった男性、宇宙を連想させる犬、ネオンサインなど、ユニークなモチーフが採用されている。

尚、商品は全てハンドメイドで数量限定生産されており、各モデルには、シリアルナンバーが与えられている。

from https://www.fashion-press.net/news/45685

G.V.G.V.×シチズン コラボでブレスレットのような腕時計

G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)が、シチズン(CITIZEN)とのコラボレーション腕時計第3弾を発表。2013年11月22日(金)より発売される。

今回は初のメタルバージョン。文字盤をあえて小さくしたミニマル&シンプルな特徴は引き継がれつつも、ブレスレットのようなアクセサリー感覚で身に着けることができる。

カラーは、シルバー・ゴールド・ブラックの3色展開。クリスマスギフトにもぴったり。

from https://www.fashion-press.net/news/8745

イズを選べる腕時計UNIVERSEコレクション – 「ネジコミュ」から発売

 
左) エクストラ ラージ(ブラック) 29,000円+税
右) エクストラ スモール(ナチュラル) 25,000円+税

時計ブランド「ネジコミュ(nejicommu)」が、着ける人に合わせてサイズを選べる腕時計「UNIVERSEコレクション」を発表。これは、原宿のedge、中目黒のノートエシロンス(note et silence.)、祐天寺のSEINなどで販売される。

ネジコミュは、ハンドクラフトにこだわる小物ブランドとして、2001年にスタート。デザイナーSayuri Fujiiの「なぜ衣服のように時計にサイズ展開は無いのか?」という素朴な疑問から、服や靴を選ぶようにサイズやカラーを選べる「UNIVERSEコレクション」は生まれた。自分自身の感覚に基づいて、自分にぴったりの時計を見つけてもらいたいという願いが込められている。

サイズは、エクストラ ラージ、ラージ、ミディアム、スモール、エクストラ スモールの全5種類。カラーは、ブラック、グリーン、スモーク・ブルー(カーキ)、ナチュラル(ベージュ)の全4色で展開する。

レザーストラップの縫製や手にフィットするサイズ感からは、良質なものを手作業で創造する職人技が感じられる。この時計は、ジェンダーレスなデザインなので、大切な人とペアでつけるのもオススメだ。

from https://www.fashion-press.net/news/12584