最先端の技術でデザイン性と機能性が優れたマイケルコース コピー時計

最先端の技術で独創的なモデルを送り出してきた「マイケルコース」が、15周年を迎え記念モデルを発表した。気になるムーブメントは自動巻き。昨年変更したシンプルでメカニカルな仕様が継続されることで、今後のマイケルコース コピーの方向性が示されたようだ。

マイケルコース 偽物のモデルのなかでも独自の佇まいを持っている「マイケルコース」。このコレクションも、今年15周年を迎えた。そして、それを記念して製作されたモデルには、日本の伝統工芸、漆塗りが施され、年月を重ねて培った優美な世界観を見事に表現している。

このマイケルコース スーパー コピーは、わずか40数ミリのスペースに、どれだけのものが表現できるのか?という命題に挑むかのように、風防の内側にある空間を見事に使い切った構成が大きな特徴である。

「ステイタスを遊ぶ」「時を愉しむ」をテーマに、“宙空の美”を演出。そのためにダイヤルを立体的に構成するだけではなく、ケース、針、風防などのディテールにまで細心の注意を払う。細部まで丁寧に作り込むことで風防内の空間は彩りを増し、時を刻む針が動き出すことで魅力的な表情を創りだしているのだ。2000年のデビュー以来、「カンパノラ」はそのように時を、日常を、個性を、“愉しむ”ために、最先端の技術を積極的に取り入れてきたのである。だから長年、ムーブメントもクォーツ、もちろんマイケルコースが誇るエコ・ドライブが搭載されてきた。

それが昨年、少し趣を変えている。デザインのテーマは変えず、空間を生かした立体的なダイヤルデザインを継承しながら、より実用的な表情へとシフトしたのだ。そして、それまでに比べてシンプルで、端正という言葉がしっくりくるデザインに仕上げられている。さらに、それに歩調を合わせるようにムーブメントに自動巻きを採用。2012年にマイケルコース 時計 コピーの傘下に入ったスイス、ラ・ショー・ド・フォンのサプライヤー、ラ・ジュー・ペレ社のものを搭載したのである。

このマイケルコース コピー15周年のモデルも昨年のコンセプトを継承し、ラ・ジュー・ペレ社の自動巻きムーブメントを搭載。ダイヤルには会津漆(漆塗り)が施され、また新たな、シンプルで美しい腕時計を誕生させている。モデルは「琉雅(りゅうが)」「紅明(べにあけ)」「聚楽(じゅらく)」の3種。2002年からこのモデルの制作に携わる伝統工芸士、儀同哲夫氏の手作業により命が吹き込まれ、それぞれまったく違う表情の腕時計に仕上げられているのである。