明確な機能に裏付けられた機械の美しさのブルガリ コピー 時計

工業デザイナーの奥山清行氏とブルガリのウォッチデザインセンター、シニアディレクター・ ファブリツィオ・ボナマッサ氏がコラボ。近年存在感を増しているブルガリのオクトに、3針カレンダー付き「ソロテンポ」、そしてクロノグラフ「ヴェロチッシモ」の日本限定ブルガリ コピーモデルが登場した。

スポーツカーが再び脚光を浴び、クルマへの注目が高まる中、時計とのコラボレーションも新世紀を迎えつつある。その先駆となるのがブルガリだ。ブルガリ 偽物とクルマといえば、まず思い浮かぶのが昨年100周年を迎えたマセラティとのコラボレーションウォッチ「オクト マセラティ クロノグラフ」だ。この年はブルガリも創業130周年に当たり、カテゴリーは異なれど同じイタリアの血筋を持つ二大ブランドが互いの周年を祝し、タッグを組んだ時計は大きな注目を集めた。


これに続くコラボレーションの相手にブルガリが選んだのは、工業デザイナーの奥山清行氏だった。奥山氏はGMチーフデザイナー、ポルシェのシニアデザイナー、ピニンファリーナのデザインディレクターといった要職を歴任してきた。なかでもピニンファリーナ時代にはフェラーリ エンツォやマセラティ クアトロポルテなどを手がけ、世界的なカーデザイナーとして知られる。ブルガリコピー™のデザインディレクターで、クルマをこよなく愛するファブリツィオ・ボナマッサ氏とも旧知の中で、その友情から今回のコラボレーションが実現したのである。

日本限定モデルブルガリ 時計 コピーは、3針カレンダー付きの「ソロテンポ」とクロノグラフの「ヴェロチッシモ」をベースにした2種類のモデルが登場した。ケースにはブラックDLC仕上げを施し、インデックスや針、ストラップのライニングとステッチにレッドをあしらう。これは奥山氏が自身のオリジナルカーであるkode9のダッシュボードから着想を得たもので、さらにケースバックのサファイアクリスタルにはkode9のホイールパターンが記されている。

ローマ建築を思わせる110面からなる構築的なケースの「オクト」も奥山氏の手にかかると、スピード感溢れるモータースポーツウォッチに変貌する。「ソロテンポ」の二ケタの数字インデックスはスピードメーターを思わせ、「ヴェロチッシモ」のクロノグラフ・インデックスはまさにメーターパネルそのものだ。ケースとストラップのブラックに紅一点となるレッドのアクセントカラーは奥山氏にとっても思い入れのある色であり、発色にはとくに時間をかけたという。

今回のコラボレーションには、「文化と感性を尊重する2つの国」であるイタリアと日本、そして「明確な機能に裏付けられた機械の美しさ」が共通するクルマと時計という、それぞれの関係性がコンセプトとして貫かれている。こうした魅力的なブルガリ スーパー コピーモデルが誕生することで、クルマと時計の蜜月の関係はさらに深まりそうだ。