自社製の伝説的な定番新作IWC コピー 時計が登場した

自社製造による機械式自動巻きムーブメントを搭載するiwc コピー新作「ビッグ・パイロット・ウォッチ“スピットファイア”(Big Pilot’s Watch Spitfire)」は、伝説的なペラトン式の自動巻き機構を搭載し、パワーリザーブ表示と日付表示、秒針停止機能付きのセンターセコンドを装備する18K レッドゴールド製ケースの極めてゴージャスなタイムピースである。

 

このiwc スーパーコピー時計のケース径は46.0mmを採用し、堂々たるアピアランスを獲得。文字盤はスレートカラーのサンレイパターン仕上げが施され、光を受けて美しい輝きを放つ。 ストラップは、今やIWCの代名詞となったイタリア・サントーニ社製のブラウン・カーフスキンを装備。裏にはオレンジ色のレザーが張られ、レッドゴールドのケースと見事なマッチングを見せる。
 
スーパーコピー  IWCの自社製であるCal.51111 には、ペラトン式自動巻き機構が搭載され、実に7日間を超えるパワーリザーブが実現している。 さらに特殊な歯車機構により、作動から168時間を経過してゼンマイの力が完全に失われる前になるとムーブメントが自動的に停止して、精度低下を防ぐ仕組みが搭載されている。ケースの内部には磁力からムーブメントを保護する軟鉄製インナーケースを装備。