ニクソン×メタリカのコラボ腕時計 – “メタル・マスター”などジャケットをイメージしたデザイン

ニクソン(NIXON)は、ロックバンド・メタリカ(METALLICA)とコラボレーションした腕時計を、2018年11月5日(月)に、ムラサキスポーツ各店、腕時計のセレクトショップ・ニール(neel)などで発売する。

メタリカのアルバムアートワークを腕時計に

THE TIME TELLER“HARDWIRED” 17,000円+税
THE TIME TELLER“HARDWIRED” 17,000円+税

1981年の結成以来、メタルシーンを飛び越えて幅広い人気を誇るモンスターバンド・メタリカ。コラボレーションウォッチは、メタリカのアルバムアートワークなどをデザインに落とし込み、ディテールまで作り込んだ、存在感のある仕上がり。ファン必見のモデルが勢揃いする。

「MASTER OF PUPPETS」

THE 51-30“MASTER OF PUPPETS” 64,000円+税
THE 51-30“MASTER OF PUPPETS” 64,000円+税

十字架を立体的に表現した文字盤が印象的な、アルバム「Master of Puppets」をイメージしたモデルが登場。リューズにも十字架が施されており、まさに“メタル・マスター”を手元で感じられるデザインだ。さらに、ベルトの中央部分がエンボス加工になっていたり、バンドの機材ケースを思わせるような付属ボックスに収められていたりと、スペシャルな仕様となっている。

デビューアルバム「Kill’Em All」

THE TIME TELLER“Kill’Em All” 17,000円+税
THE TIME TELLER“Kill’Em All” 17,000円+税

デビューアルバム「Kill’Em All」からインスパイアされたモデルは、文字盤にアルバムジャケットを彷彿させる配色を採用。時針は、ジャケットにも描かれているハンマーモチーフを象り、秒針はバンドロゴのデザインを取り入れるなど、細部のデザインにもこだわりが見える。

「Black Album」

THE SENTRY LEATHER“BLACK ALBUM” 34,000円+税
THE SENTRY LEATHER“BLACK ALBUM” 34,000円+税

名盤「Black Album」を表現した、オールブラックのモデルはインパクトのある重厚感が魅力。文字盤にはレザーを使い、マット・ポリッシュ仕上げのステンレスを組み合わせてハードな雰囲気を演出している。秒針やロックパーツ、レザーパーツには、ロゴデザインが施されている。

from https://www.fashion-press.net/news/44445

腕時計ブランド「イエマ」日本上陸へ、仏発スポーツウォッチの代表格「スーパーマン」など4つのヘリテージ

フランス発の腕時計ブランド「イエマ(YEMA)」が日本上陸。2018年11月末より国内で販売がスタートする。

フランス発、スポーツウォッチの代表格「イエマ」

「イエマ」は、ヘンリー・ルイ・ベルモントによってフランス・モルトーで1948年に創設された時計ブランド。創業当初から新たなジャンルとして需要が拡大していたスポーツウォッチに目を付け、「スーパーマン」、「ヨッティングラフ」、「ラリーグラフ」などブランドアイコンとなるモデルを次々と発表し、スポーツウォッチの分野でフランスを代表するブランドとなった。

その後、一時休眠を経て、現在は往年のモデルを復刻したヘリテージコレクションを展開している。なお、アニメ「ルパン三世」で、ルパンが身に着けていた時計の時計の原型として、イエマ(1970年頃に買収したル・ジュール(LE JOUR))のクロノグラフ「meangraph super」が使用されていたというのも有名な話だ。

4つのヘリテージコレクション

日本での本格展開にあたり、イエマの代表的なヘリテージコレクションが日本でより手に取りやすくなる。本記事では、ブランドのアイコニックなモデルである「スーパーマン ヘリテージ」をはじめ4つのヘリテージコレクションを紹介。なお、このほか平均価格4万円~のクォーツモデルも販売予定だ。

「スーパーマン ヘリテージ」

イエマのスポーツウォッチの原始的モデルといえる「スーパーマン ヘリテージ」は、その堅牢性から1970年代にフランス空軍のパイロットに愛用された歴史を持つ。ビジュアルはいたってシンプル。過去のモデルを継承し、ベゼルロック機構が搭載されている。

「ラリーグラフ ヘリテージ」

「ラリーグラフ ヘリテージ」は、1966年に発表されたレース用のドライビングクロノグラフ。発売当時、 F1レーサーのマリオアンドレッティーが着用し人気を博したことでも知られる。

「ヨッティングラフ ヘリテージ」

ラリーグラフと同じ1966年に発売された「ヨッティングラフ ヘリテージ」は、ヨットレース用のクロノグラフを忠実に再現したヘリテージコレクションだ。そのため、文字盤にはヨットレース向けに作られた時計ならではのレガッタタイムを配置。5刻みで赤と青に色分けされたデザインがレトロなムードに。

「フライグラフ ヘリテージ」

1978年に発売されたパイロット用ヘリテージコレクションを忠実に再現した「フライグラフ ヘリテージ」。スポーツウォッチでありながら、日本人のサイズに合う39mmのケース径に仕上げている。

from https://www.fashion-press.net/news/44665

「ティファニー イースト ウエスト」新作、ティファニーブルー×ホワイト日本先行販売

「ティファニー イースト ウエスト」新作、ティファニーブルー×ホワイト日本先行販売写真拡大
×ティファニー イースト ウエスト ミニ カラーブロック 435,000円(税抜)(c)TIFFANY & CO.

【11月9日 MODE PRESS WATCH】「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は、「ティファニー イースト ウエスト」ウォッチコレクションから、ティファニーブルー × ホワイトのカラーブロックモデルを、世界に先駆け11月より日本で先行発売開始した。

1940年代のティファニー製トラベルクロックから着想を得た横向きの文字盤が特徴の「ティファニー イースト ウエスト」コレクション。クリーンなラインと長方形のフォルムでシンプルな美しさが際立つ。クオーツ式のレギュラー、及びミニタイプと、オートマティック式の3タイプが展開されている。

今回発売となるのは、「ティファニー イースト ウエスト」ミニに、アイコニックなティファニーブルーとホワイトの2色でカラーブロックのデザインを施した新作。カーフストラップも同じ2色で彩られた。遊び心が効いた新作をぜひ試してみて。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3196783

「グランドセイコー」日産とイタルデザインの共同開発車にインスパイアされた完全受注生産モデル

「グランドセイコー」日産とイタルデザインの共同開発車にインスパイアされた完全受注生産モデル
×(c)Grand Seiko

【10月17日 MODE PRESS WATCH】「グランドセイコー(Grand Seiko)」は、日産とイタルデザイン(Italdesign)の共同開発車「Nissan GT-R50 by Italdesign」にインスパイアされたカスタムメイドモデル「スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign」の受注受付を15日より、東京・銀座の和光にあるセイコーフラッグシップサロンで開始した。販売数量は最大3本。

日産とイタルデザインの初提携により生まれた「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念し創られたプロトタイプ車。10月15日より、銀座・和光の対面に位置する日産ブランドの発信拠点「NISSAN CROSSING」に展示され、同時に「スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT featuring Nissan GT-R50 by Italdesign」も展示されている。

今回の受注生産モデルは、セラミックと金属のハイブリッド構造を採用した「セラミックスモデル」をベースとし、時計を傷から守りつつ、金属ケースとセラミックのコンビネーションによって高い装着性と防水性を両立した。ファインセラミックスの中でも最も高い強度と靱性を持ち、外観についても表面の研磨により美しく仕上がるジルコニア・セラミックスを採用。ステンレススチールの約7倍という優れた耐傷性を活かし、最も傷がつきやすいベゼル部やかん足(ケースとバンドの接合部)、ブレスレット(中駒) に用いた。

研ぎ澄まされたシャープなシルエットのケースは、研磨しにくいセラミックの全ての面を鏡面仕上げにしながら、稜線を美しく引き立たせた多面体フォルムを成し、グランドセイコーらしい複雑なハイライトの重なりを実現した。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3193567

日本人の職人技との協業によって人気が高いgucci コピー時計の誕生

最近では携帯電話があれば時間を確認することはできるものの、身につけるグッチ コピー腕時計はやはりスタイルを引き締める重要なgucci コピーアクセントになります。その人なりの印象を作れるアイテムなので、ぜひこだわりの一品を選びたいですね。

時間を確認とき携帯電話が失くなった場合、やはり時計の方がいいですねいつの時代にも味わい深い風合いを纏ったアンティーク時計は高い人気があります。ただメンテナンスの面で躊躇される方も少なくないようです。そこで一緒に時を重ねていくグッチ 時計 コピーを探している方々に朗報です。
ものづくりに厚い信頼を寄せられているイギリスのメンズブランドグッチ スーパー コピーのデザイナーWilliam Kroll氏のデザイン監修と、アンティーク時計を蘇らせる日本人の職人技との協業によって誕生したオリジナルウォッチコレクションが発売になりました。

200本限定! 「グランドセイコー×ヒロコハヤシ」限定ウオッチ

200本限定! 「グランドセイコー×ヒロコハヤシ」限定ウオッチ写真拡大
×(c)Grand Seiko,HIROKO HAYASHI

【11月1日 MODE PRESS WATCH】「グランドセイコー(Grand Seiko)」は、革製品ブランド「ヒロコハヤシ(HIROKO HAYASHI)」とコラボレーションし、デザイナーの林ヒロ子(Hiroko Hayashi)がデザインした腕時計を200本限定で11月9日に発売開始する。

遊び心と独自の価値観を持った大人のための革小物やバッグを展開する「ヒロコハヤシ」。今回発売される腕時計は、「ヒロコハヤシ」のアイコンであるレザーを使った2種類のストラップをセット。1本は、ダイヤルを挟み上下で異なるカラー、高貴なブルーグレーとベージュをカラーリング。もう1本は、網目状に立体感を施したシャンパンゴールドカラーで手元を鮮やかに彩る。ダイヤルはグレージュカラーを4分割したデザインが特徴。オレンジの秒針は今の自分を表し、4つの過去と未来の時間軸を行き来することをイメージしている。持ち歩きに便利な、瞳のデザインを刺繍したオリジナルレザーのウオッチケース付き。

世界で活躍する2つのメイドインジャパンブランドの魅力を詰め込んだスペシャルモデル。本物を知り、物事を自分の価値観で決める真の大人の女性にぴったりのアイテムだ。

FROMhttp://www.afpbb.com/articles/modepress/3194703

リサ・ラーソンのウォッチコレクション、“しましま”マイキーやハリネズミが登場するカラフルな時計

スウェーデンを代表する陶芸家、リサ・ラーソン(LISA LARSON)のウォッチコレクションが、2018年10月19日(金)に発売される。


ZigZag Collection イエローストラップ17,500円+税

展開されるのは3つのコレクション。くねくねと曲がった秒針にマイキーのしましま柄があしらわれた「ジグザグ」、リサ・ラーソンと娘のヨハンナが生み出した代表的なキャラクターたちを描いたカラフルな「キッズ」、そしてダイヤルにハリネズミ3兄弟を描いた数量限定コレクションが登場する。


Limited Edition 全1色 21,000円+税 ※カーキと赤の付替えレザーストラップが付属。

プレイフルなデザインは、冬のお洒落をより一層楽しませてくれそうだ

FROM https://www.fashion-press.net/news/43859

ブルガリのジュエリーウォッチ – ダイヤモンドの星が浮かぶ夜空のようなウォッチ

ブルガリ(BVLGARI)が、ジュエリーウォッチ「ディーヴァ ドリーム ローマンナイト」を発売する。

 
左)SAP102842 4,860,000円+税、右)SAP102843 4,640,000円+税

「ディーヴァ ドリーム ローマンナイト」は、ローマの星空をイメージしたダイヤルが特徴のウォッチ。ダイヤルは、星座を形作る星屑のようにダイヤモンドをちりばめた大きい円と、その内側にある円の2枚のディスクを重ねてられている。ディクスが回転し、時間と分を表すダイヤモンドが時刻を示すロマンチックな仕掛けだ。

ウォッチは、ダイヤモンドと鮮やかなサファイヤをあしらった文字盤と、ダークブルーのアリゲーター製のストラップが、上品かつラグジュアリーに手元を彩る。種類は、ホワイトゴールドとピンクゴールドの2モデルを用意した。

from https://www.fashion-press.net/news/44063

パリ発ウォッチブランド「ラプス」“まるでアートのような時計”が日本初上陸、神宮前の限定ショップで

パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」が、日本で初めての限定ショップをノマディックライフマーケットにて2018年9月4日(火)から30日(日)まで開催する。


LAPS SIGNATURE

デザイナー兼クリエーターのアントナン・メルシエ(Antonin Mercier)によって設立された「ラプス」は、歴史上の遺産やアート、マテリアルなどの独創的なグラフィックと配色が魅力のウォッチブランド。現在は、パリの限られたセレクト ショップのみで展開されており、まだまだ日本での知名度は低いが、そのパリのエスプリ漂う世界観は多くの人々を虜にしている。

 


LAPS SIGNATURE

時計1本1本が、まるで額縁にはいったアートのようで、その世界はさながら“美術館”。ダイヤルは、アートギャラリーが集る流行の発信地、ル・マレの職人により手作業によって仕上げられたもの、レザーはパリ内の伝統あるファブリックハウスのもの、そしてウッドは紀元前の化石化したボグオークを使用している。


LAPS MATERIALS

また、カジュアルに装着できる付け替え可能なパーロンベルトには、70年代を彷彿とさせるポップなカラーを揃えている。これらパーツによって完成された時計は、唯一無二のデザインだ。各デザインすべて限定数の生産で、1つ1つにシリアルナンバーが与えられている。

from https://www.fashion-press.net/news/42559

マーク ジェイコブス初タッチスクリーンスマートウォッチ「ライリー」1,000種以上から選べるフェイス

マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)は、ブランド初のタッチスクリーンスマートウォッチ「ライリー」を新発売。2018年6月5日(火)よりマーク ジェイコブス直営店およびマーク ジェイコブス オンラインストアにて取扱う。

1,000種類以上から“着せ替えできる”ウォッチフェイス

「ライリー」最大の特徴は、カスタマイズできるウォッチフェイス。デジタルからレトロ、奇抜なグラフィックまで、その組み合わせは1,000種類以上。自分の好きなデザイン、その日の気分に合わせたデザインを選ぶことができる。

そのウォッチフェイスを際立てるベゼルとストラップのデザインは3タイプを用意。ゴールドとホワイトでエレガントに、ローズゴールドとセメントカラーで大人フェミニンに、そしてオールブラックでモードに。ニュアンスは違えど、いずれも多様なスタイルになじみやすいカラーリングだ。

スマートフォンとの接続で使い道はより幅広く

iOSおよびAndroid端末との互換性があり、GoogleスマートウォッチプラットフォームのWear OSとQualcomm SnapdragonWear 2100プロセッサも搭載。Bluetoothを介してスマートフォンに接続すれば、電話・メッセージ・LINEなどの受信通知やアプリケーションのダウンロード、Googleアシスタントの利用も可能だ。

そのほか、メッセージやLINEの内容確認、スマホに保存した音楽やミュージック/動画アプリの再生・一時停止、さらにはスマホなしで音楽を楽しむこともできる。付属の磁気充電ケーブルを使用しての充電式で、フル充電の場合で最大24時間使用可能だ。なお、1.19インチのAMOLED/有機ELディスプレイには、バッテリーライフを長持ちさせる環境光センサーが付いている。

from https://www.fashion-press.net/news/40286